« 開いた蛸を風が翻弄 | トップページ | 晴耕雨読 »

2014年7月29日 (火)

200円でたっぷりと解説 - 水の子島海事資料館 -

140726lighthouse_keeper01Canon EOS Kiss X3 1/320sec F10 ISO100 EV-0.3 18mm WB:Sunny

海岸沿いの県道は岬の先端に向かう上り坂と集落への下り坂に分かれる。

坂を下ると豊後水道を見渡せる人影まばらな海水浴場に着く。分厚い御影石造り壁の白い建物は三十年近く前まで灯台守と家族が居住した。古いデッキチェアでくつろいでいた管理人が跳ね起きて、資料館となった建物を案内してくれる。水の子島の灯台に衝突した五百羽以上の渡り鳥の剥製、手動で巻き上げ灯台のレンズを回転させる重り、逓信省所管だった名残の瓦をたった200円の入場料でたっぷりと解説してくれた。(下梶寄)

140726lighthouse_keeper02Canon EOS Kiss X3 1/40sec F4.5 ISO500 EV-0.3 36mm WB:Sunny

140726lighthouse_keeper04Canon EOS Kiss X3 1/15sec F5.6 ISO1600 EV-1.0 49mm WB:Shade

140726lighthouse_keeper06Canon EOS Kiss X3 1/50sec F4.5 ISO400 EV-2.0 36mm WB:Auto

|

« 開いた蛸を風が翻弄 | トップページ | 晴耕雨読 »

@佐伯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/56954197

この記事へのトラックバック一覧です: 200円でたっぷりと解説 - 水の子島海事資料館 -:

« 開いた蛸を風が翻弄 | トップページ | 晴耕雨読 »