« 握り飯に桜の一片 | トップページ | 春が咲いていた -マツバウンラン- »

2014年4月 7日 (月)

標高600メートルの武骨な桜

140406full_bloom01Canon EOS Kiss X3 1/250sec F10 ISO100 EV-0.3 18mm WB:Sunny

平地の葉桜に飽き足らず標高600メートルに向かった。

散り始めを期待していた桜は武骨な幹を曝し、その花びらは満開のまま舞うことはなかった。(志高湖)

140406full_bloom02Canon EOS Kiss X3 1/200sec F9 ISO100 EV-0.3 45mm WB:Sunny

140406full_bloom03Canon EOS Kiss X3 1/250sec F10 ISO100 EV-0.3 18mm WB:Sunny

 

|

« 握り飯に桜の一片 | トップページ | 春が咲いていた -マツバウンラン- »

04「耕す」」カテゴリの記事

@別府」カテゴリの記事

コメント

土曜日には桜まつりがあって、甘酒の接待もあったようですが、なにぶん寒くて家におりました。
末吉さんの活動力はすごいですね、羨ましい限りです。

投稿: Junko | 2014年4月 8日 (火) 05:12

spaJunkoさんへ
 日曜日に行った安岐からの大分に帰る途中なので大したことないですよ。日曜日の午後は別府市内の10号線は込むので石垣から横断道路に登った方が快適な様な気がして..

 別大国道も込むので、志高から挟間に抜けて自宅のある大分大学の方に抜けました。

投稿: 末吉 | 2014年4月 8日 (火) 06:15

またそれは大回りの迂回ルートでお帰りになったんですね。
3ヶ月に一度くらい、由布市挾間の来鉢ライスセンターにお米を求めに行くので、浜脇から(逆もあり)別府挟間線は利用します。
10号線とはまた違った良さがあって、大分もまだまだ田舎が残っているなと、別府では内成や城島まで行かないと自然を感じないので、そんな時はウキウキしますよ。
せめて小魚や蛍の飛ぶ自然の川(河ではなく)があればいいのですが、温泉排水や護岸整備されていてつまらないです。

投稿: Junko | 2014年4月 8日 (火) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/55685763

この記事へのトラックバック一覧です: 標高600メートルの武骨な桜:

« 握り飯に桜の一片 | トップページ | 春が咲いていた -マツバウンラン- »