« 圧倒的な遠近感 - 五辻不動尊 - | トップページ | 不安、安堵、そして爽快 - 五辻不動尊 - »

2014年3月 4日 (火)

空に伸びる断崖の刃先 - 五辻不動尊 -

140302acala00Canon EOS Kiss X3 1/250sec F9 ISO100 EV-0.3 18mm WB:Sunny

標高300メートルを超えると尾根は樹木を突き破る様に岩肌を曝す。

空に向かって伸びる断崖の刃先を用心しながら五辻不動尊の岩屋に向かう。(五辻不動尊)

140302acala01Canon EOS Kiss X3 1/250sec F9 ISO100 EV-0.3 18mm WB:Sunny

140302acala02Canon EOS Kiss X3 1/200sec F8 ISO100 EV-0.3 18mm WB:Sunny

140302acala03Canon EOS Kiss X3 1/50sec F4.5 ISO100 EV-0.3 21mm WB:Shade

|

« 圧倒的な遠近感 - 五辻不動尊 - | トップページ | 不安、安堵、そして爽快 - 五辻不動尊 - »

@国東」カテゴリの記事

コメント

信仰心というものは誠に力を持ったものですね。このようなところにまで社を造作してしまうとは恐れ入りました。

ISO100、むかしで言うところのASA100のことでしょうか、単位の基準が変わったことにも気付かなくなってきました。
フィルムカメラの時代はコダクローム64を使ったこともありましたが、デジタルになると低感度撮影が果たしていいのかもよくわかりませんね。

投稿: Junko | 2014年3月 5日 (水) 00:15

spaJunkoさんへ
 ISOもhPaみたいなもんで変わっても数字は何ら変わらないようですが、、相変わらずお詳しい。

まぁ、デジタルは一枚一枚、感度を変えることができるのが便利と言えば、便利です。でも、一定のハードの制約の中で「どう撮るか」を考えるの楽しみかと思います。

投稿: 末吉 | 2014年3月 5日 (水) 06:05

写真は技術も必要ですが、感性がないと作品からインパクトを感じませんね。
写真のような絵画も美しいけれど、印象派やサイケデリックな芸術絵画もまた美しく、感動を呼ぶに等しいです。
見た目を残すだけの、バカチョン記念撮影程度しかできない腕なので、末吉さんの心情を切り取る構図を拝見すると羨望と嫉妬を覚える次第です。

投稿: Junko | 2014年3月 5日 (水) 08:56

感性が私にあるかどうかは分かりませんが、技術はかなり怪しいです。極端な話、フルオートで撮った方がフレーミングに集中できて(面白いし)、ストレス解消になります。これが私の実態です。

..とは言え「心情を切り取る構図」とか言われると真に受ける自分がいたりします。(笑)

投稿: 末吉 | 2014年3月 6日 (木) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/55238254

この記事へのトラックバック一覧です: 空に伸びる断崖の刃先 - 五辻不動尊 -:

« 圧倒的な遠近感 - 五辻不動尊 - | トップページ | 不安、安堵、そして爽快 - 五辻不動尊 - »