« 護摩焚き - 峨眉山 文殊仙寺 六郷満山霊場 第二十五番札所 - | トップページ | 暖かさの合間に寒さ - 峨眉山 文殊仙寺 - »

2014年3月 9日 (日)

日没が近づきシャッターを下ろした - 昭和の町 -

140309from_nostalgia01Canon EOS Kiss X3 1/250sec F11 ISO100 EV-1.0 32mm WB:Cloudy

日没が近づき五時を廻る。

家路を急ぐ車が観光客のいない商店街を抜けてゆく。商店は日没と同時に一斉にシャッターを下ろした。(昭和の町)

140309from_nostalgia02Canon EOS Kiss X3 1/50sec F4.5 ISO1600 EV-1.0 74mm WB:Cloudy

 

|

« 護摩焚き - 峨眉山 文殊仙寺 六郷満山霊場 第二十五番札所 - | トップページ | 暖かさの合間に寒さ - 峨眉山 文殊仙寺 - »

@高田」カテゴリの記事

コメント

シャッターが降りる刻は、観光客が引いていくタイミングなのでしょうか。
そうであればそれは生活に密着した商店街ではなく、つくられた虚構のエア商店街。
大阪の通天閣の周囲には、昭和の雰囲気を写真やポスター、琺瑯看板で創りだした似非昭和のお店(主に串カツ屋)が多く出来ました。古き良き昭和への回顧心を逆手に取って客を呼び込もうという商魂のたくましさには、お見事!とほとほと呆れてしまいます。
映画のセット同様に、裏へ回れば形のない、ハリボテのセットもどきのものは、やはり中身もなくてその場しのぎでしかありえません。
別府でも古くからの商店街(アーケード街)の活性化などとやっていますが、観光客は日曜が休みのお店を見てがっかりするだけだということに、気付いているやらいないのやら。

投稿: Junko | 2014年3月10日 (月) 18:18

spaJunkoさんへ
 「商魂のたくましさには、お見事!」とほとほと呆れるのも良し、感心するのもアリ!その場をしのげなければ先もなし。満足できる状態でないから、さらに頑張れます。(笑)

投稿: 末吉 | 2014年3月11日 (火) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/55307081

この記事へのトラックバック一覧です: 日没が近づきシャッターを下ろした - 昭和の町 -:

« 護摩焚き - 峨眉山 文殊仙寺 六郷満山霊場 第二十五番札所 - | トップページ | 暖かさの合間に寒さ - 峨眉山 文殊仙寺 - »