« 自由気ままに | トップページ | 四百年の歴史 - 今市石畳 - »

2012年6月16日 (土)

「声に出して読みたい日本語」2001年 - 斎藤 孝 -

120616saitou_takashi

「声に出して読みたい日本語」 斎藤 孝

 明治大学教授である著者は最近良くTVでも良く見かける。対談番組で「学生にストップウォッチを持つことを勧め、15秒で発言して、3秒空けずに発言を続けさせる」との発言していた。それが気に入って購入する。

 冒頭に「大きく声に出して読み上げてください」とある。しかし、電車の中で実行するのは難しい。ぼそぼそと読んでしまう。

 内容は大道芸から古典まで多岐に渡り様々な名文を紹介してる。私にとっては手ごわいがものも多い。「順々にやってゆく必要はない」「興味が湧くものをピックアップ」という言葉に押され、ちょっとつらい部分もそのまま読み通す。

 著者は「詩は朗誦したり暗誦したりすることに魅力がある」として子供たちが名文に触れることを勧めている。最初は「文章の意味は分からなくてもいい(200p)」という。確かに会話の中で古典などを引用した発言があると、今を生きている人間関係いう軸に時代の重さという軸が加わり、会話に広がりができる。しかし、会話に取り入れるには間髪入れず発言する必要がある。それにはリズムやテンポで暗誦する必要がある。私は何を暗誦できるだろうと考える。

 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり..」「淀みに浮かぶうたかたは..」「すいへいりーべぼくのふね..」これは違う。確かに会話にさりげなくシェークスピアを引用したらかっこいい。しかし、「さりげなく」は鍛錬を積まないと「いやらしく」なるだろう。もう、ボケが始まっているので私には無理か。若いときに頑張ってれば良かったと悔やむ。

|

« 自由気ままに | トップページ | 四百年の歴史 - 今市石畳 - »

07「読む」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/45682288

この記事へのトラックバック一覧です: 「声に出して読みたい日本語」2001年 - 斎藤 孝 -:

« 自由気ままに | トップページ | 四百年の歴史 - 今市石畳 - »