« ほのかな明るさと安堵 | トップページ | 猛暑だが »

2010年8月21日 (土)

SEA LINE - 角松敏生 - 1987年

夏になると思い出す曲がある。

20代最後の夏はまだインストが全盛期だった。あまり関心のなかった角松がインストのアルバムをリリースして驚いたことを覚えている。ギタリストは今でもあこがれ。

|

« ほのかな明るさと安堵 | トップページ | 猛暑だが »

09「聴く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/36291579

この記事へのトラックバック一覧です: SEA LINE - 角松敏生 - 1987年:

« ほのかな明るさと安堵 | トップページ | 猛暑だが »