« 「少年時代」 井上陽水 -1990年- | トップページ | 街路樹 »

2010年4月13日 (火)

襖絵の様に

100413windy_day01 Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO100 1/200sec F4.0 0.0EV 36mm AF

宅地特有の小高い公園に咲くソメイヨシノは既に葉桜になっていた。

昨日から太平洋岸を東進した低気圧がもたらした数ミリの雨も夜半には止んでいた。しかし、未明まで吹いた風が残り少ない花びらを公園の乾ききれない擁壁に襖絵の様に貼り付ける。

|

« 「少年時代」 井上陽水 -1990年- | トップページ | 街路樹 »

@大分」カテゴリの記事

コメント

少年時代はず〜っと昔になりますが
懐かしくしみじみ。。。

こちらは桜の花びらの侘びしさが。。。
でも、一枚づつが絵になっていいですねぇ
来春には再びですね。

投稿: ビキママ | 2010年4月14日 (水) 08:49

舞い降ちた桜の花びら達を「襖絵のよう」と例えられるのが素敵ですね(*^_^*)
桜を見ると、ノスタルジックな気分でちょっぴり切なくなります。

一心寺のぼたん桜はもうすぐ見頃を迎えるのでしょうか?
桜は種類が豊富で、河津桜に始まりぼたん桜まで、長く満喫できますね!

投稿: かぼたん | 2010年4月14日 (水) 21:44

tulipビキママさんへ
 蕾も良し、満開も良し、散るも良し..でしょうか。来春には再びです。春はまた同じように訪れますが、少しだけ違っているのは自分かな。
 仕事に向かおうと自転車に乗って家の近くを通ると、昨晩の雨に濡れて乾ききれないコンクリートの擁壁に風で散った花びらが一面に張り付いていました。思わず撮りましたが、失敗です。絞りは開けすぎ、露出補正はもっとマイナスでしたが、仕事の開始とバッテリーが待ってくれませんでした。帰宅したときに見てみましたが擁壁は乾いていまい、花びらは吹き飛ばされていました。数時間の風景でした。

restaurantかぼたんさんへ
 ありがとうございます。恐縮です。散る桜に潔さや果かなさを感じるのは日本人の素晴らしい感性か。
 「一心寺」知りませんでした。ググって分かりました。我が家の近くにあるんですね。今度の土日にチェックしようと思います。楽しみです。

投稿: 末吉 | 2010年4月14日 (水) 22:18

素敵です。

投稿: asu | 2010年4月14日 (水) 23:24

wineasuさんへ
 ありがとうございます。
 咲く桜、散る桜、みな素敵です。

投稿: 末吉 | 2010年4月15日 (木) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/34217796

この記事へのトラックバック一覧です: 襖絵の様に:

« 「少年時代」 井上陽水 -1990年- | トップページ | 街路樹 »