« 8シーズン振り | トップページ | 気温1度、日の出から1時間 »

2010年3月17日 (水)

月に一度の地産地消弁当 vol.3

100317lunch_box01 Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO100 1/80sec F2.8 0.0EV 55mm AF

月に一度の地産地消弁当を注文した。

おかずは久住産豚の「あぶり焼き」、佐賀関産ひおうぎ貝、国東産わかめ、大分市産えんどうの「カルパッチョ」、日出産卵とニラの「ニラ玉」に、野津原産椎茸と切干し大根の「炊き合わせ」だった。大分市産ポンカンと佐伯産はちみつ漬け梅干しが添えられて500円..担当者の苦労が見えてすべていただく。

100317lunch_box02 Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO100 1/25sec F2.8 0.3EV 59mm AF

|

« 8シーズン振り | トップページ | 気温1度、日の出から1時間 »

05「喰う」」カテゴリの記事

@大分」カテゴリの記事

コメント

や、安いですね~。

産地が見えると、なおさら・・・。
売れてほしいですね。

投稿: asu | 2010年3月18日 (木) 22:58

wineasuさんへ
ある日、カミさんの弁当がありませんでした。そこで職場でお弁当屋さんに注文しました。たった400円でした。お昼になって届けられたお弁当を見に行くと自分の弁当がどれか分からず、注文してくれた女の子に聞くと「〇×の弁当です。高いお弁当です。」と答えます。「えっ、俺の頼んだのは400円の弁当..」と思いましたが、聞けば別の弁当は300円程度でした。こんな価格じゃ県産品どころか国産品は使えない。正直なところ私が食べた400円の弁当もカミさんの弁当には足下にも及びませんでした。

投稿: 末吉 | 2010年3月19日 (金) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/33822330

この記事へのトラックバック一覧です: 月に一度の地産地消弁当 vol.3:

« 8シーズン振り | トップページ | 気温1度、日の出から1時間 »