« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月25日 (水)

人は変わる

090326cherry_blossom

「あと半年の命だよと言われることがある。そうしたらあそこで咲いている桜が違って見えるだろう」と東大医学部教授だった養老孟司は学生達に話し「桜が変わったのか。そうではない。それは自分が変わったということに過ぎない」ことを伝えた。「知ることは自分がガラッと変わること」とも言う。自分はどう知り、どう変わるか。異動前の残務整理に追われる。(東町)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/500sec F4.0 0.0EV 72mm AF

cherryblossom八ヶ岳の桜の蕾にtrack back..
milk vetch on yatyugatake「清春美術館の桜情報

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

「ウェブ時代をゆく」0章 -梅田 望夫- 2007年

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書) ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

著者:梅田 望夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 私のネット処世術に影響を与えている著者の「ウェブ進化論」、「ウェブ人間論」に続く三冊目を古本屋でみつけ早速買い込んだ。姜尚中が「悩む力」でも引用した福沢諭吉の「一身して二生を経る(11p)」を著者もまたも引用している。どこかの大統領ではないがいつの世も「変化(若しくは「節目」か)」という耳当りの良いそして、何か人を急かせるキーワードを使う人は多い。余談だが養老孟司が「いまの時代は年寄りが威張る..そんな時代には若い人は..年寄りがダメな世界で頑張る(13p)」という言い回しは著書「バカの壁」を通した著者の印象と大きく違っていた。「そういう人なんだ」と見直してしまった。(\350/BOOK・OFF)

続きを読む "「ウェブ時代をゆく」0章 -梅田 望夫- 2007年"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

機上から、そして船上から

090315cape

三月は会議や視察が集中する。デスクワークは滞り、体力と休日そして時に健康まで奪われることがある。10日前に上京する機上から眺めた風車の群れを今度は九州に向かう船上から眺めることとなった。空から見た岬は豊後水道と瀬戸内海を遮る屏風の様に西南西に伸びていたことを思い出しながら..(愛媛/佐田岬)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/250sec F4.0 -0.3EV 413mm AF

続きを読む "機上から、そして船上から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

陽射し、春の気配

090315sea_gull

フェリーの待ち時間は一時間近くあった。港の魚市場近くまで歩いて時間を潰した。気温は摂氏10度と平年並みだが陽射しは強い。空の青さの中に鴎の白が際立ち、そこまで訪れた春の気配がする。(愛媛 八幡浜)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/800sec F4.0 0.0EV 357mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

路上の街 その2

090315morning_market

ホテルのベッドでアラームで起こされた。昨夜の客どうしの派手な取っ組合いを思い出しながら、身支度をして朝市を眺めに行く。午前六時の路上ではミニスカートの若い女や髪を逆立てた若い男が甲高い笑い声を撒き散らしていた。朝日がビルの谷間に差しこんでくるとともに場違いな夜の喧騒が雪の様に消えて行く(高知)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Coudy ISO200 1/60sec F2.8 -0.3EV 36mm AF

続きを読む "路上の街 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

路上の街

090314street_stall

路上を時間とともに有効に寛容に使う街だった。午後五時を過ぎると畳み込まれた道具を満載した屋台が路上を一列に占領し始めた。皆、慣れた手つきで屋台を組み立ててゆく。夜、店に入ると恰幅の良い女性客が市外からの客達をやや強引に仕切っていた。屋台は朝まで喧騒が続く。(高知)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO200 1/100sec F2.8 -0.7EV 128mm AF

続きを読む "路上の街"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

街角の鮮やかさ

090312iceland_poppy_2

久々に訪れた鹿児島市は午後から南東の風が吹き、気温は摂氏18度を越えてしまった。着てきたジャケットもコートも役立たずの手荷物となってしまった。いたるところでアイスランド ポピーが鮮やかさを強い陽射し中で街角に放つ。

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO100 1/1300sec F4.6 0.0EV 384mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

軸足はどこ

090306lunch_box

人はなぜかワールドカップでの日本代表の勝利に興奮する。人はなぜか甲子園での地元高校の活躍を祈る。自分が優れている訳ではない。プレイヤー何か関係があるわけでない。しかし、国や住んでいる所が同じだけで不思議に一体感が存在する。故郷を語る人は好きだし応援したくなる。それだけで楽しい。(全国青年・女性漁業者交流大会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

機上から

090306mtfuji

朝一番のANAで東京へ向かった。時速1,000キロメートルで北上する機上からは雲をまとった富士山の頂上付近が見えた。晴天の青い背景に気温氷点下15度の白い雪が冷たく浮かぶ。(静岡・山梨)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/1300sec F4.6 -0.7EV 127mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

5年目の携帯電話

090303tellphone

通話すると携帯のアイコンがフル充電の表示から、いきなり充電を促す赤い表示にダウンするようになった。着信音が鳴っただけで電源オフとなるようにもなった。バッテリーに寿命が来ている。既にバッテリーを交換して使い5年目に入った携帯電話はケースは割れ、塗装は剥がれ、テープで補修しながら使っていた。手に馴染んで、買ったばかりの多機能な次世代携帯には、まだもたもたと触れている。

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO100 1/60sec F6.5 0.0EV 76mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

白木蓮

090301white_magnolia

蕾が少し膨らんだ程度と思っていた。帰宅が遅くなると夜間では様子が分からない。数日後に見てみると蕾が弾けていた。白い花びらが三月の空を背景に陽に当り、小さく、そして白く光りながら、真上を指さす。

Panasonic DMC-FZ10 WB:SunnyISO50 1/160sec F2.8 -0.7EV 205mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

最後の斉唱 -卒業証書授与式-

090301graduation_ceremony

三年の 感謝反抗苦しみが 思い出へ 静かに変わる 最後の斉唱

 式は国歌斉唱、式辞、祝辞、送辞、答辞と粛々と進んだ。最後に三年前に覚えたばかりの校歌を斉唱した。「我が羽ばたきに力あれ」と終わると、「もう斉唱することはない」という感情とピアノの余韻が会場に広がり静まる。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/10sec F2.8 -0.7EV 334mm AF

school「卒業式」で検索した気になるblogへtrack back..
大分深夜便「挨拶の自己採点
すってんぱれ!「時たま日記」 2「卒業式・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »