« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

今年が終わる

081231lunch01
(春)

一年間、弁当を作ってくれた妻に感謝して今年が終わる。しかし、色んなことがあり年末特有の浮き足立った気分になれなかった。人それぞれの今年が終わろうとしている。皆、どんな大晦日を迎えるのだろう。そしてそれぞれの事情に関係なく正月もやって来る。

DoCoMo P252iS

続きを読む "今年が終わる"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

晴天の一日が終わる

081230kite

午後5時を回り晴天の一日が終わうとしていた。河川敷では中年ジョガーが傾いた陽を浴びながら日課をこなしている。若い父親と息子たちは堤防の上で秒速7メートルの西北西の風に凧を翻弄されて歓声を上げる。(府内大橋)

Panasonic DMC-FZ10 WB:SunnyISO50 1/640sec F4.0 -2.0EV 280mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

頭上高く

081227hawk

送電線に止まった鳶三尾を見つけてファインダーから狙った。しかし視界から消えた。コンデジでは近寄りすぎて警戒心が強い鳥は難しい。夕焼けの空を頭上高く通過して行った。わざと舌打ちした私を見下ろしているのか。(大分川)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/1300sec F5.2 -1.3EV 409mm AF

flag「鳶」で検索した気になるblogにtrack back..
デジタル一眼LIFE by ケン&エリー「江ノ島のトンビ
iMap Collection_B「青空トンビ
けんちゃん日記帳「好評につき、鳶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

黙想

081227cat

年末の商業施設近くのバス停には荷物を手にした買い物客の姿が絶えない。一匹の猫はその人ごみの中で人や自転車が近づいても黙想する様に眼を閉じ歩道から動かない。しかし、女子高生が「あっ、猫」と手を出すと不甲斐なく目を開ける。そして擦り寄って行く。(わさだ)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/125sec F3.3 0.0EV 191mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

高積雲

081227sunset

郊外では朝の気温が零下になった。午後には湿度が40%を切った。オホーツク海に居座る低気圧と大陸の高気圧が日本海に大きな等圧線の年輪を描いた。その輪に沿って流れ込む寒気の到来を群雲が伝える。澄んで乾いた空を見る間に薄く、そして高く被い、そして夕陽に染まる。(大分川)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/1300sec F5.6 -1.3EV 36mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

達成感

081220dump_truck

いつまで経っても達成感がない。閉塞感だけが蔓延している。「一体、何をやってるんだ!」と誰かが罵倒する。平和があっても進歩がない。逃げ場はあっても修羅場がない。安息はあっても苦しみがない。チャンピオンに立ち向かうボクサーは呟く..「人生変えてやる!」と

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/100sec F3.7 0.0EV 49mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

真珠品評会にて

081222competitive_exhibition

生物に鉱物を生成させ宝飾品とする技術など真珠以外にあるだろうか。貝にカルシウムと蛋白質の薄い膜を幾重にも重ねた珠を作らせ、輝き、厚さ、色、そして大きさや形に血道をあげる。彼らは突然吹き出した不況の風に晒されながらも、したたかに上質の珠を作り続け、そして競い合う。(豊後水道)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/60sec F8.0 0.0EV 72mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

車両基地

081220train_washer

小さい頃、「電車基地」と呼んでいた。並行する線路は寄り添っては離れて蛇行した。その上を縦横に電柱と鉄骨が複雑に絡み合いながら果てしない。薄汚れた車両が洗浄装置に滑り込んでくる。一瞬、左右からブラシと放水で挟まれ水煙に包まれる。そして水を滴らせながら、ゆっくりと動き出す。()

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO75 1/80sec F2.8 -0.3EV 73mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

暖冬 - 向日葵が咲いていた -

081220sunflower

師走も下旬となり午前7時の気温は2度を下回った。ところが太平洋上に停滞した二つの高気圧が南風を快晴の日本に撒き散らした。昼過ぎには気温は17度を越えてしまう。道端のポット植えのひまわりが花を咲かせていた。夜9時になっても10度を越える。大晦日が本当に来るのか。(南大分)

Panasonic DMC-FZ10 WB :Sunny ISO100 1/1000sec F3.7 0.0EV 392mm MF

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

最後の忘年会

081215decoration

最後の忘年会かも知れない。意見、忠告そしてどうでも良い話が飛び交う。そして酔って向かった二次会で仕事の疲れが睡魔となって表れる。そしてあっけなく敗北してしまう。安っぽいイルミネーションが敗走する私を見送ってくれる。

Canon IXY DIGITAL 20 IS 2.00sec F8.0 EV0.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

完璧な虹

081216rainbow

晴天の朝ににわか雨が降った。空を見上げると地平線から横殴りの朝陽が完璧な虹を映し出していた。

Panasonic DMC-FZ10 WB:CloudyISO50 1/500sec F4.6 0.0EV 36mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

摩天楼 - セメントの街 -

081214cement_plant

循環器や消化器が体内に伸びる様に、大小様々な管がセメントの街に張り巡らされていた。管は石灰石の鉱山からタンカー埠頭まで絡み合いながら伸びていた。工場には臓器に血管が絡みつく様に繋がっていた。ダンプが走る道路はまるで近未来SFの薄汚れた摩天楼をかすめるフリーウェイの様に伸びる。(徳浦)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 36mm AF

flag「セメント工場」で検索した気になるblogにtrack back
気ままなギャラリー SCENE・風景 「斜陽工場 #4」
前略、スノーボードの心グッ!「工場萌え。。。」
SATIAN/39 「長崎県・セメント工場跡」

続きを読む "摩天楼 - セメントの街 -"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

師走の夜を

081215illuminated

忘年会の難民たちが一次会から二次会へ崩れた隊列を組んで移動して行った。師走の夜を照らす安直なライトアップの前を通り過ぎてゆく。私は酔っ払って立ち止まる。ポケットからコンデジ取り出して撮る。そして自分もネオンの街に向かって歩き出して難民となる。(大手町)

Canon IXY DIGITAL 20 IS ISO感度 : 100 2.00sec F8.0 EV0.0 WB :Auto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

爺ちゃんが作ったブローチ

081213brooches

安岐から来た男性は自作の陶器の横に「80歳の爺ちゃんが趣味で作ったブローチ」を並べていた。その「爺ちゃん」は突然、ブローチを取り出し「一緒に一個100円で売ってくれ」と頼んできたらしい。初対面だったが男性は依頼を手数料なしで了解し売っていた。街中のフリーマーケットには意外と地方の売り手が参加している。そして商品より売り手の個性や話が面白いことがある。(おおいた土曜市/遊歩公園)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/125sec F4.0 0.0EV 97mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

何故か

081212sunrise

忘年会で論議を交わし床についたのは二時を過ぎていた。何故か遠くにいる娘と一緒に歩いた夢を見た。何故か娘は幼かった。何故か時折、見失い、探した。大陸から高気圧が九州まで張り出し霧の朝を迎える。遮られた太陽がようやく顔を出す。気温は摂氏15度を越え暖かい。何故か不思議な余韻が残る。

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/2000sec F5.6 -1.7EV 116mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

口開け

081211abalone

やっと鮑が口開けになった。ウェットスーツ姿の漁業者が乗った漁船が市場に横付けする。そして活け間から網籠に入った鮑を水揚げして行く。

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO200 1/25sec F2.8 0.0EV 65mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

人の流れ、車の流れ - Dalian Vol.11 -

081108crossing

大連では信号が少なく停車が少なかった。ヨーロッパを模倣するかつてのロシアの影響が強く残るロータリーを良く見かけた。人の流れは街中の何車線もある大通りを、時にセンターラインで小休止しながら、車の流れを事もなげに渡りきってしまう。(大連市)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO100 1/800sec F4.6 0.0EV 207mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

大雪 (たいせつ)

081207christmas_tree

昨日は雪がちらつき今朝の気温がついに氷点下を切ってしまった。快晴の気温も10度を越えることができなかった。そして午後五時過ぎにはもう陽が落ちてしまう。大型商業施設の谷間には凝ったイルミネーションが点滅し始める。冷たく、乾いた空気の中で客たちは立ち止まり、光に祈るように携帯電話をツリーにじっと向ける。(公園通り)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO200 1/15sec F2.8 -0.7EV 36mm AF

flag「パークプレイス」で検索した気になるブログにtrackback & link..
時間と空間 「大分市/パークプレイス大分/冬季イルミネーションその2
超七Gallery「パークプレイス大分のイルミネーション3
いも天「夜のパークプレイス

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

味、姿、彩り - 隠れ家 -

081203yanai

ふぐを卸していた店が始めた料亭がある。繁華街から遠く離れた住宅街にあり、入り口は広い通りと反対側で目に付き難い。看板と活魚トラックがなければありふれた民家の佇まい。入り口を入ると目の前には階段しかない。二階に上がってもいくつかの座敷があるだけ。そして味だけでなく姿や彩りに凝っている料理を隠れ家で楽しむ。忘年会の夜が更けてゆく。(ふくの柳井)

Canon IXY DIGITAL 20 IS 200 1/6sec F2.8 EV0.0

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

ストローアート

081128straw

その女子学生は様々な色や模様のストローが入った箱を取り出した。一本を取り出すと鋏で縦に割る。器用に編むように折り目を付けてゆく。ギャラリーが集まりテーブルを取り囲んでゆく。彼女は楽しそうに馴れ初めを解説しながら10分足らずで完成させた。手際よく出来上がったエビは軽くエアコンの僅かな空気の動きだけで倒れてしまう。

Canon IXY DIGITAL 20 IS ISO200 1/25sec F2.8 EV0.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

苦悩する古い空間

081122shopping_mall

商店街はひっそりしていた。人影は少なく、時折、店舗を駐車場代わりに使う車とすれ違った。エンジン音が遠ざかると、また静けさが訪れた。空き地となった店舗跡、下がったままのシャッター、背中を見せるビル、そして半透明のアーケードに囲まれて少し古い空間が苦悩する。(仲町商店街)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO75 1/100sec F2.8 -0.7EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »