« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

風に散る - 志高湖2 -

081130leaves00

紅葉が風に散り、吹き寄せられ、流れに落ち、淀みに溜まる。水面に赤や黄色に葉が漂い、師走直前の空を映し出す。(志高湖)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/80sec F2.8 -0.3EV 36mm AF

続きを読む "風に散る - 志高湖2 -"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

湖面は黄金色 - 志高湖1 -

081130lake

山頂の湖畔は盆地に様になり湖面を山で遮られた朝陽がやがて黄金色に染めた。係員が餌のバケツを下げて近づくと鳥たちは右往左往し始める。(志高湖)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/1300sec F3.3 -1.3EV 51mm AF

続きを読む "湖面は黄金色 - 志高湖1 -"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

筋雲の空は高かった

081126morning_glow

刷毛で掃いた様に筋雲がいっぱいに広がった早朝の空は高かった。高気圧の中心は既に太平洋側に移動しつつあった。洋上の晴天域を突き抜け赤色光だけに痩せた太陽光が顔を出し、雲と海を橙色に染める。(鶴谷)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/1000sec F5.2 -1.0EV AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

消費される野菜 - Dalian Vol.10 -

081109vegetables

気温3度の早朝に至る所で農家のトラックが白菜をこぼれ落ちそうなほど満載して街中の歩道を占有していた。薄汚れた荷台から客は品定めした白菜を大きな鉄製の籠に山盛りにして買ってゆく。消費される野菜は日本の比ではない。(大連)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO200 1/80sec F2.8 -0.3EV 253mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

あつめし定食 -ぶんご丼海道-

081026syokusenkan_atumeshi

日曜日は一人で切り盛りしていた。「今日はあつめし定食しかできない..」と言われ「それを」と注文する。てんこ盛りの小ぶり丼にはオーナーの工場がある米水津の特徴である甘めのたれに一晩浸けた鰤が並ぶ。500円だが大盛りなら50円高くなる。どちらかと言えば平日の昼食に合わせた価格帯だ。(鶴見食賓館)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/60sec F3.3 0.0EV 36mm AF

flag「大分」がキーワードの気になるblogにtrackback..
ワシの日記 ~ポジティブログ~「大分の中心で海鮮丼! 食堂よっちゃんさん
大分活性化宣言!「仰天プライスで本場のあつめし 鶴見食賓館

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

大連火車站周辺 - Dalian Vol.9 -

081108dalian00

午後五時の大連火車站周辺は帰宅する人でごった返した。露店がいつもの営業を始め拍車をかける。薄暗い中で裸電球が照らし出した食材やファーストフードが並ぶ。(大連)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/15sec F2.8 -1.0EV 139mm AF

続きを読む "大連火車站周辺 - Dalian Vol.9 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

魚屋の海鮮丼

081101yanagibashi_syokudo

博多駅から薬院まで歩き那珂川を越えると「柳橋連合市場」という看板が見えた。アーケードを覗くと鮮魚店の二階に食堂が見つけた。上がろうとすると「注文は?」と一階で聞かれる。着席より注文が先だ。お勧めを聞き海鮮丼を注文し狭い階段を二階に上がる。食堂には窓がほとんどない。やがて可愛い小さな女の子が丼を抱えてくる。「お手伝いが出来るね」と声を掛けてからかなり遅い昼食を頂く。多めに乗った魚の種類を店員に聞いても「鮪と..」と定かに返答できない。店で捌いた刺身の切れ端を利用できるのが強み。(福岡市中央区春吉「柳橋食堂」海鮮丼650円)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm AF

flag「柳橋食堂」で検索した気になるblogにtrack back..
おかしな人々、とつれづれなる日々。「幸せの海鮮どーん!
福岡天神発「柳橋食堂

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年11月17日 (月)

高く薄く柔らかい雲 - Dalian Vol.8 -

081108dusk

大陸の夕暮れは乾燥していた。ホテルの駐車場に辿り着き車から降りる。さらさらした空気が淡く赤い空に広がる。高く薄く、そして柔らかい雲が車が行き交う都会を包む。(大連)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO100 1/320sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

視線

081116street_performers

多くの大道芸の中で彼の比較的押さえ気味の語り口は何故か印象に残った。前日の様子をblogに「フェスティバル特有の盛り上がりを作ることができず、残念でした」と書いていた。会話の様な口調で語っても玉を追う眼に緊張感が漂う。(わさだ)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO100 1/250sec F2.8 -0.7EV 344mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

二層に分かれる中国 - Dalian Vol.7 -

081108back_alley01

1億人のブルジョアと12億人の労働者が同居する中国を探した。大連火車站からオフィスへ出勤する人波が吐き出される。高層ビルの谷間にある裏路地には、くすんだ色の家屋が固まっている。足を踏み込めば通り過ぎる人が私へよそ者に対する視線を投げる。(大連)

続きを読む "二層に分かれる中国 - Dalian Vol.7 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

緩やかな風と朝陽と

081115morning

九州南部の高気圧が南西から緩やかな風を送り込み気温は昨日より4度も暖かくなった。7時前には川面から立ち上る霧の中から朝陽が現れる。そして、その光が建造中の貨物船を赤く染める。(鶴谷)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/640sec F4.0 -1.3EV 36mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

早朝の公園 - Dalian Vol.6 -

081108morning

土曜日だが早朝から公園には多くの人達が、ひとりで、二人連れで、家族で、そして集団で訪れていた。ランニング、ウォーキング、太極拳、剣舞と様々な運動にそれぞれ没頭している。ラジカセを持ち込み大音量で音楽を流しながらリーダーが統率して運動する集団も多い。なぜ公園に電源があるのか..不思議だった。この国民のエネルギーを見せつけられる。(大連市 労働公園)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO100 1/125sec F4.0 0.0EV 187mm AF

続きを読む "早朝の公園 - Dalian Vol.6 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

上海料理 - Dalian Vol.5 -

081107shanghai01

柳田洋氏は中国では「お役人には絶対に逆らうな」と言い切っています。中国でのビジネスで役人との関係は重要のようです。アドバイザーに従いつつ中国側を上海料理店に招く。

続きを読む "上海料理 - Dalian Vol.5 -"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い海と空そして茶色い船体 - Dalian Vol.4 -

081107fishing_boat

大連市から高速道路で北上し黄海に面した道に下りた。同型の漁船が群れを作るように着岸していた。その沖には養殖筏代わりの小型漁船が等間隔で並ぶ。 青い海と空そして茶色い船体が傾いた夕陽によって、ますますかすれた色どうしの不思議な対比を見せる。(中国 大連市金石灘)

Panasonic DMC-FZ10 WB:CloudyISO100 1/250sec F4.0 0.0EV 266mm AF

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本語とゼスチャーと表情とで - Dalian Vol.3 -

081107try_sample

 食品博覧会の開会セレモニーが終了すると大勢の人達が会場になだれ込んだ。小間数で500以上ある緑色食品のブースでは様々な各国の食品が並んだ。「緑色」とは「安心・安全」という意味らしい。
 海外での出展特有の障害がある。現地調達する資材や食材をいかに安く購入するか。日本とは異なる電圧で確実に炊飯、加熱、保温できるか。担当スタッフの努力で何とか初日に1,000貫近くの鮨を作り上げ約300食分の試食を用意した。 

続きを読む "日本語とゼスチャーと表情とで - Dalian Vol.3 -"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャリは団子状 - Dalian Vol.2 -

081107breakfast

翌朝5時過ぎに起き、風呂に入ってから6時過ぎに朝食をとるためレストランに向かった。日本のホテルで見かける、いわゆる「バイキング形式」であり、そのメニューは和洋中が混在していた。日本人が多いためか親指大の握り鮨が皿に並べられていた。中国で朝から鮨にありつけるとは思わなかった。彩りも良く、その可愛さに口に放り込んだがシャリは団子状だった。冷凍食品の解凍かも知れない。(大連市)

Canon IXY DIGITAL 20 IS ISO 200 1/15sec F2.8 EV-0.3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

「端士酒店」 - Dalian Vol.1 -

081107swiss_hotel

 福岡空港に到着し荷物検査、搭乗手続、そして出国審査を済ませる。昼食を食べる暇もなく換金だけ済ませる。ボーイング737のエコノミー・シートに座ると足下が窮屈で身動きできない。空腹で機内食の蕎麦が旨い。
 上空からみた大連はスモッグのためか少し霞んでいた。入国審査を終わり大連空港を出ると霞んでいた空は夕陽で薄く赤い。
「端士酒店」とはスイスホテルと読む。チェック・インしそのまま前夜祭「答謝酒会」の会場に出かけ50度以上ある白酒(ぱいちゅう)で乾杯する。「飲み干すことが礼儀」という事前レクチャーに従うと独特の香りが鼻に抜ける。ホテルに帰ると11時過ぎだったが日本時間なら午前様である。慌しい一日が終わる。人影疎らのロビーは調度品が綺麗だった。とにかく寝る。(中国 大連市)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/4sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

4日間ほどお休みします。

airplane前の記事にありますように11/6から11/10にかけて国内におりません。
4日間ほど記事のアップはもちろん、コメントやトラックバックを頂いても返事ができません。
あらかじめお断りします。
さして面白くない記事をご覧になっている方にはいつも感謝しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

「起業するなら中国へ行こう!」 -柳田 洋- 2006年

起業するなら中国へ行こう! 北京発・最新ビジネス事情 (PHP新書) 起業するなら中国へ行こう! 北京発・最新ビジネス事情 (PHP新書)

著者:柳田 洋
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 中国大連市への出張を目前に事前に入力しておくべき情報を探した。著者の柳田洋は1966年生まれの40歳前半で、早大商学部を卒業し丸紅で石炭貿易に関わり北京支店駐在等を経て2001年に退社している。そしてそのまま北京で会社を設立している。そして邱永漢が主宰するコラムサイト「ハイハイQさんQさんデス(HiQ)」でコラム「中国ビジネスのススメ」を週三回アップしていており、記事は1,000号に迫る。これを再構成したのがこの著書である。

続きを読む "「起業するなら中国へ行こう!」 -柳田 洋- 2006年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

街はいつもの通り

081101urban

キックオフから一時間半は経過していた。出張先で聖地を走る青いユニホームを想像しながらTVを探し回る。家電店に並ぶTVの大型モニターにはDVDソフトばかり流れる。ならばとワンセグを探す。幸運にも一台だけ生中継を流している。見づらく音の出ない小型液晶に噛り付く。そして決定的な追加点に間に合う。私は店内で小さく拳で、監督は国立競技場で大きく全身で、喜びを表す。なだれ込む選手の姿が終了を伝える。歩き回った福岡の街はいつもの通りだった。(福岡)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO100 1/400sec F4.0 0.0EV 135mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »