« 晴天を待っていた | トップページ | 自分だけ -しらす丼- »

2008年10月 9日 (木)

シラスの白さ

081009sardines

豊漁が続いた佐伯湾も今日は魚影が見えなくなったのか網船は早めに帰って来た。既に運搬船が水揚げしたシラスは煮沸され、女性達の手で網の上に丁寧に広げられた。乾燥が終わると沖から帰った上半身裸の親方も陽に曝された白いシラスの箱詰めを手伝う。その体は濃い褐色で数十年も潮風と陽に曝されていたことを証明する。(狩生)

Canon IXY DIGITAL 20 IS ISO80 1/318sec  F8.0 0.0EV

|

« 晴天を待っていた | トップページ | 自分だけ -しらす丼- »

@佐伯」カテゴリの記事

コメント

すごーい!!
辺り一面のシラスだ〜、シラス台地だ〜(笑

これって佐伯なんですか??佐伯もこんなにシラスがとれるんですね〜!

投稿: cocoa | 2008年10月10日 (金) 19:01

pencilcocoaさんへ
「シラス台地だ〜」に座布団一枚です。

試験場の担当者は「特異的な豊漁」と表現しています。「これって佐伯なんですか??佐伯もこんなにシラスがとれるんですね〜!」の一言で差し上げた座布団を頂きます。佐伯湾は別府湾と並ぶシラス漁場ですよ。

ほらほら、「いおどん」を思い出してくださいよ。
http://sueyoshi-blog.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_10.html

投稿: 末吉 | 2008年10月11日 (土) 01:33

noteおじゃましま~す。見事な風景ですね。
私の住んでる菊間町でも、田之尻地区で7月に続き先日より天日干しの風景が。
こちらでは「ちりめんじゃこ」と言ってますが、どう見ても「こりゃ、大分の勝ち~」。
「べ、別に戦っている訳ではないんですが・・・・」smile

投稿: 野菜大好き | 2008年10月13日 (月) 21:01

pencil野菜大好きさんへ
ところがね、最近は釜揚げしらすが増えつつあります。柔らかでふかふかのチリメンです。これまでは釜で茹でた直後にしか食べられなかった「釜揚げ」を冷凍保存技術と衛生管理で商品にしています。
天日干ししないので歩留まりも良く単価が高いのでこちらにシフトしつつあります。
まぁ、だからと言って天日干しがなくなるとは思いませんが..次の記事「自分だけ -しらす丼-」で使ってるちりめんもそうです。

投稿: 末吉 | 2008年10月13日 (月) 22:20

こんばんは~。
こちら「釜揚げ」は、夏のみで、しかも冷凍販売してない。まあ、半農半漁で、手間をかけられないのかも・・・。
大分のシラス情報、ありがとうございました。
また、おじゃましま~す。note

投稿: 野菜大好き | 2008年10月14日 (火) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/24394201

この記事へのトラックバック一覧です: シラスの白さ:

« 晴天を待っていた | トップページ | 自分だけ -しらす丼- »