« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

餅まき

080928festival

漁村の祭りではにぎやかにお決まりの餅まきが始まる。老若男女が押し合いながら「たかが」餅とお菓子を求めて取り合う様子はまるでコンサートの様相となる。何故か、まく人も、取る人も、そして見ている人も笑顔となる。(地松浦)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO150 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地下鉄(メトロ)に乗って」 -浅田 次郎- 1994年

地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫) 地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 読み終わると心の底に切なさが広がった。登場人物は僅か十数人で実はそのカウントの仕方が難しい。それがこの小説の核心でもある。都会の地下鉄が時代と人の接点になって、バラバラだった人間関係が最後は収斂していく。
 著者は7歳年上の1951年生まれ。高卒で自衛隊への入隊後には、暴力団とかかわり、競馬で生計を立てたり婦人服販売会社を営むなど「人生経験」は積んでいる。その経験が小説の所々..いや随所で活きており、1995年に吉川英治文学新人賞を受賞する。そして2年後には「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞を受賞している。
 直感で「映像にしたらいい」という印象(予感)通り、映画(2006年)、TV(2006年)さらにミュージカル(2000・2007年)にもなっていた。TVドラマをほとんど見ない私でも「DVDでも借りようか..」という気にさせてくれる。(BOOK・OFFにて300円で購入)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

9メートル上

080927railway

少し前まで大分駅からふたつの地方線が住宅街の軒をかすめて走っていた。遮断機に堰き止められた学生達や大人の表情が電車から見えた。住人だった私も並んでいた。その記憶や名残の9メートル上を真新しい高架橋と電車が走る。(豊肥線・久大線)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/250sec F4.0 -0.7EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

海鮮丼 -ぶんご丼海道-

080920kaisenmaru

ゆったりした直販店内の隅にテーブルがふたつあった。メニューの写真と違うネタが乗る海鮮丼で旬を確認する。鯵と鰤にイクラのトッピングに醤油差しからタレをかけ、周りで買い物客がうろついても気にかけず、集中して頂く。(海鮮丸600円/上浦)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

伊勢海老漁の解禁

080921lobster

魚のつかみ取りは何度も見たことがある。だが、伊勢海老のつかみ取りばかりは初めて見た。シートで手際よく作られた仮設水槽に海老が放り込まれ、参加者の期待が膨らむ。住民30人の漁村が漁の口開けで賑わう。(間越)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/400sec F4.0 0.0EV 36mm AF

続きを読む "伊勢海老漁の解禁"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

芙蓉の花

080923fuyou

大きい花びらが街角のあちこちで風に柔らかく揺れている。
川沿いの人通りの少ない路地にもピンクの穏やかさが広がる。(東町)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/500sec F5.2 0.0EV 250mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

「あの戦争は何だったのか」 -2005年- 保坂正康

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書) あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)

著者:保阪 正康
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本史はまともに学んでいない。昭和天皇が崩御したときに不勉強をつくづく感じた。
偶然とはこんなものか。本を購入して程なく、NHKでポツダム宣言から玉音放送までの経緯が放送された。その解説者がなんと著者だった。真珠湾攻撃の2年前に生まれた著者が軍部に対しては批判的立場であることを理解して読む必要があろう。

続きを読む "「あの戦争は何だったのか」 -2005年- 保坂正康"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

りゅうきゅう丼 -ぶんご丼海道-

080921kintaro

葛港は少し昔の生活感が残っている。店内には中華や和食が混在するお品書きが壁に張られ古株は日焼けしていた。注文すると「魚は何にしますか?」と訊かれ戸惑う。目の前には魚市場がある。「盛合せ」を注文すると店主は切り身にタレに絡ませ始める。表面だけタレが絡んだ鰤、鮪、鯵、歯鰹に玉葱と葱の刺激と香り海苔の香りを添える。(金太郎1,000円/葛港)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/60 sec F2.8 0.0EV 36mm AF

flag「大分」がキーワードの気になるblogにtrackback..
ワシの日記 ~ポジティブログ~「大分の中心で海鮮丼! 食堂よっちゃんさん

flag「りゅうきゅう」で検索した気になるblogにtrack back..
大分活性化宣言! >> 海の男の豪快郷土料理 金太郎のあつめし
食べ歩き日記 >> 選べるあつめし(金太郎 みなと店)
Nonのひとりごと >> りゅうきゅう丼(佐伯市)
みちのく仙台~美味究真~ >> サンマの胡麻漬け丼二種(リンクのみ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

柔らかい黄、派手な赤

080920autumn

台風13号が上陸しないまま九州南方から太平洋に抜けた。後を追って移動性高気圧が晴天と摂氏30度の気温を持ち込む。強い陽射しはうつむき始めた稲穂の黄色い柔らかさと真っ直ぐに空を向く彼岸花の赤い派手さとを際立たせる。(吉小野)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO50 1/500sec F4.0 -0.3EV 149mm MF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

浜の市

080915figures  

一文人形を見てから志きし餅の店へ行く。「どれにします?」と訊かれ初めて蓬の濃い緑色の餅の存在に気づいた。手伝いの女性が慣れない手つきで、紅がついた白く四角い餅をひとつ私の手の平に載せる。まだ暖かい餅のいつものへばりつきそうな食感を楽む。(浜の市)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 133mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

「武士道」その3 -新渡戸稲造- 1899年

武士道

○「切腹と敵討ち」
 「畳の上で死ぬことを恥とした(114p)」サムライの切腹について詳細に記述されている。それは完全に儀式であり、咎人、時として身分が高い人が勤める介錯人、検死役などの数名の役人が囲む中、短刀を腹部を深く左から右へさらに上へ静かに引いたという。切腹は武士にとって名誉であり「家康は大胆にも自分の命を狙った若者の勇気を誉め、彼らに名誉ある死を許し(120p)」たが、掟により一族の男子が処刑されるためわずか八歳の末っ子まで兄を見習いながら切腹したという。ほの表現に全く誇張がないが疑問であるが、名誉を履き違え、若者が死に急ぎ切腹が増えたという。新渡戸は敗戦で山野を彷徨する山中鹿之助(幸盛)が「憂きことのなおこの上に積もれかし限りある身の力ためさん」と詠った話を引用し、「天があたえようとしているものを避ける死はまさに卑怯(123p)」と名誉の死と混同することを戒めている。さらに「自殺願望者は恐るべき早さで増殖(127p)」と懸念を示しているが、現在も国内で年間3万人が自殺している。

続きを読む "「武士道」その3 -新渡戸稲造- 1899年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

まだ3回目の音楽会

080914festival
 

新興住宅街の近所付き合いは希薄というより、ゼロから作り上げなければならない。行事も人間関係も土地柄も自分達で作る。村の神社で古くから神楽が舞われるように、街の公園で、まだ3回目の野外音楽会が催されたような気がした。

Panasonic DMC-FZ10 WB:CloudyISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ごまだしトロロのっけ -ぶんご丼海道-

  080917nagomi_kaisendon

店の新しさがまだ周りと完全には馴染んでいない。注文した海鮮丼を運んできた女性が本日の魚を愛想良く説明してくれた。鯛と鰤はタレに漬けたもの。生の蛸は真っ白で歯応えある。鰤の腹身、烏賊、蛸が重なり合ってご飯がみえることはない。自家製ごまだしが添えられ小鉢の卵黄とかき混ぜて食べる海鮮丼は珍しい。お品書きには「ごまだしトロロのっけ」という別名とも説明とも思える名称が載っている。(家庭旬菜なごみ800円/竹野浦河内)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/60sec F3.7 0.0EV 36mm AF

flag「海鮮丼」がキーワードの気になるblogにtrackback
ワシの日記 ~ポジティブログ~「大分の中心で海鮮丼! 食堂よっちゃんさん
大分活性化宣言!「最高の食材とアイデア料理 家庭旬菜なごみ

続きを読む "ごまだしトロロのっけ -ぶんご丼海道-"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

にわか作りの応援団

080912cheering 長い鉢巻、襷がけした極端に丈の短い上着、腹に巻いた晒、真っ赤なベルトで腰に縛り付けたようなズボン..格好は何年経っても、大して昔と変わらない。ただ、観客と一緒に競技に呆然と見入るにわか作りの応援団にあの頃の迫力はない。(上野丘)

Panasonic DMC-FZ10 WB:CloudyISO50 1/320sec F4.0 -0.3EV 365mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

彩り

080912autamn 山の緑は、まだ夏の余勢で青々している。しかし、所々で赤や黄の彩りが見え始める。青かった柿が緑の葉に隠れて僅かに、そして徐々に色づく。(吉野)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Sunny ISO50 1/100sec F2.8 0.0EV 164mm MF

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊 -2006年-

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

たまにはミステリーも勉強と思って読んだが結構、面白い。文は比較的短く、20章に分割され楽に読めた。作者は現役の医者で、登場人物も医師、看護師そして患者ががほとんどで、話は大学病院内で進む。主人公は主流派ではない精神内科医という設定である。

続きを読む "「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊 -2006年-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

浜辺の唐突

080906mushroom 9月に入り確かに日中、数ミリ程度のにわか雨が降ることが多かった。浜辺を歩いていると何か落ちていた。全く季節はずれのきのこが白い円盤の様に緑の芝生に転々と転がっている様に生えている。その存在や色の対比の唐突さにしばし見入る。(田ノ浦)

Panasonic DMC-FZ10 WB:SunnyISO50  1/640sec F4.0 -0.7EV 36mm AF

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

湿度60%、3mの北北東の風

080906harbor 大陸性高気圧が南東方向に移動しながら西日本に晴天と乾いた風を送り込んだ。9月の陽射しはまだ強く最高気温も30度に達するが、湿度は60%を下回った。3mの北北東の風が大阪行きのフェリーの国籍旗を綿雲の中で広げる。(国際観光港)

Panasonic DMC-FZ10 WB:SunnyISO50 1/320sec F4.0 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

「武士道」その2 -新渡戸稲造- 1899年

武士道
○「礼」
 「礼は他を思いやる心が外に表れたものでなければならない(59p)」としながら、礼から芸術までに達した茶の湯と贈答に対する意識を例示している。「静かな茶室に入る前に、血生臭い刀とともに戦場での残忍さ..など捨て去り、この茶室の中に平和と友情を見出した(64p)」とあり、茶の湯には大いに興味が湧く。贈り物に対してアメリカ人は「素晴らしくなければあなたにあげたりはしません(66p)」と「品質」を述べ、日本人は「あなたは立派な人です。どんな贈り物でも立派なあなたにふさわしいものはありません(66p)」と「気持ち」を述べる。「つまらない物ですが..」という儀礼には日本人のそんな心がある。

続きを読む "「武士道」その2 -新渡戸稲造- 1899年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

白露

080905dewdrop 早朝、車で出勤しようとするとフロントガラスが薄っすらと曇っていた。通勤で朝露が目に付く理由はふたつあった。郊外では最低気温が摂氏20度を切る。日の出は夏至から1時間近く遅れ尾根越しに低い朝陽が差す。日中の暑さも八月のしつこさはない。(野津町)

Panasonic DMC-FZ10 WB:SunnyISO50 1/200sec F4.0 -0.7EV 368mm MF

flag「朝露」で検索した気になるblog
石原田園ギャラリー四季日記:稲に朝露が光る
楽のデジカメ散歩:エノコログサ 朝露

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

「武士道」その1 -新渡戸稲造- 1899年

武士道 武士道

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 藤原正彦が著書「国家の品格」で「新渡戸の武士道は、私が幼い頃から吹き込まれてきた行動基準が同一(122p)」と言い切った。気になる本だが、武士道を西洋人に紹介しているから百年以上前の英文著書である。原著「Bushido The Soul of Japan」を読む勇気はないが書店で「読みやすい現代語新訳」と書いた本の帯に誘われた。
 やはり英文を和訳した印象は残るが、言葉の難しさは別にして細かく表題が付いているお陰で仕事の合間に少しずつ読んでも理解できた。新渡戸は国内外の宗教の理解し著書を読み込んでおり、広範な知識が盛り込まれている。新渡戸は執筆した動機を法学者や米国人の妻から「宗教教育がない日本にどうして道徳が行き渡るのか」という疑問への回答としている。

続きを読む "「武士道」その1 -新渡戸稲造- 1899年"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

稲の穂

080902rice 郊外には水田がパズルの欠片の様に点在している。夫々の微妙に異なる稲の生育条件の差が、青々とした穂、ウドンゲのような白い花を吹き出した穂、そして下を向きかけた穂となって表れる。(松岡)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloudy ISO100 1/200sec F5.6 0.0EV 376mm MF

flag「稲」で検索した気になるblogにtrack back..
Emotional GOLF GTI :(track back不成立)
楽しい農業生活!:稲の花が咲いたら…(track back不成立)
括弧の1日1句:稲の花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »