« 9メートル上 | トップページ | 餅まき »

2008年9月28日 (日)

「地下鉄(メトロ)に乗って」 -浅田 次郎- 1994年

地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫) 地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)

著者:浅田 次郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 読み終わると心の底に切なさが広がった。登場人物は僅か十数人で実はそのカウントの仕方が難しい。それがこの小説の核心でもある。都会の地下鉄が時代と人の接点になって、バラバラだった人間関係が最後は収斂していく。
 著者は7歳年上の1951年生まれ。高卒で自衛隊への入隊後には、暴力団とかかわり、競馬で生計を立てたり婦人服販売会社を営むなど「人生経験」は積んでいる。その経験が小説の所々..いや随所で活きており、1995年に吉川英治文学新人賞を受賞する。そして2年後には「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞を受賞している。
 直感で「映像にしたらいい」という印象(予感)通り、映画(2006年)、TV(2006年)さらにミュージカル(2000・2007年)にもなっていた。TVドラマをほとんど見ない私でも「DVDでも借りようか..」という気にさせてくれる。(BOOK・OFFにて300円で購入)

|

« 9メートル上 | トップページ | 餅まき »

07「読む」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/24103592

この記事へのトラックバック一覧です: 「地下鉄(メトロ)に乗って」 -浅田 次郎- 1994年:

« 9メートル上 | トップページ | 餅まき »