« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

高校県体

080601fencing

高校県体が始まった。一旦狂った歯車の噛み合せを修正できずに終わる生徒もいた。敗退した三年生が背筋を伸ばしコーチを正視して指導を受けていた。もう出場する大会はない。指導内容は「ねぎらい」に近い。(大洲)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO200 1/30sec F2.8 -0.7EV 184mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

レタスをひとつ

080531lettuce 種を蒔いて55日、地上に芽が出て48日、植え替えて36日が経過した。ヨトウムシの被害はひとつで済んだ。30cmの間隔も窮屈になり、地面さえ覆い隠そうとするレタスを試しにひとつ抜き妻に渡す。

Canon IXY DIGITAL 20 IS 1/160sec ISO80 F2.8 EV0.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

山のうねり

080529deserted_house リアス式海岸では人家が海からの波を避ける様に背後の山に寄り添う。しかし過疎化の波は避けられず廃屋を増やす。人気がなくなったことを見計らった様に背後から山がうねりとなって静かに家を飲み込む。(上浦)

Canon IXY DIGITAL 20 IS 1/200sec F3.5 ISO80 1/202sec F3.5 EV-0.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

天草の絨毯

080515agaragar 天草の絨毯が至る所に現れた。港、空き地そして道路も例外ではなかった。道いっぱいに広がられたら車は申し訳なさそうにゆっくりと通過する。しかし、幾分は踏み潰してしまう。(蒲江浦)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloud ISO100 1/160sec F4.0 0.0EV 80mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

セメント工場

080524cement_plant 重厚長大の象徴のような工場は近づくと威圧感がある。貨物船が着岸できるセメント工場は軍艦の様に海に浮かぶ。(太平洋セメント)

Canon IXY DIGITAL 20 IS 80 F8.0 0.0EV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

Stand by me

080517fishing_2 I won't be afraid as long as you stand by me..君と一緒なら何も怖くない..団地近くに川があった。大した獲物は泳いでいるはずもない。ふたりは会話ができるくらいの距離感で釣り糸を垂れていた。(明野)

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSkyISO100 1/500sec F5.2 0.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

勿体ない

080517flat_tire 空気が漏れる音で6年使ったタイヤが擦り切れていたことに気づいた。1時間も押して自転車店にたどり着くがパンク修理は不可能だった。タイヤ交換を頼んで店主とタイヤの値上り、中国製の価格、「勿体ない」の考え、個人店舗の生き残り..など話す。昭和19年生まれの店主は10分でタイヤを交換してしまった。(明野)

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSky ISO100 1/500sec F4.0 0.0EV 73mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

鏝絵

080511wall 職人の家と思われる壁に鏝絵の歴史説明と供に飾られている。鏝絵は県北で何度か見かけたことがある。しかしこれは絵でなく彫塑だろう。職人の腕試しと言うより芸術だろう。(横尾)

Panasonic DMC-FZ10 WB:CloudISO100 1/800sec F5.6 0.3EV 106mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

石の番号札

080518stones 間越(はざこ)には優しい心を持つ人たちが住む。手作りの朝市で街の人たちを笑顔で迎える。前日から石で作った番号札を会場に隠して宝探しの準備に奔走する。街の人は宝探しに夢中になり大事そうに単なる石を抱える。過疎の村は真珠のように豊後水道に浮かぶ。(来だんせへ市

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO100 1/1000sec F5.6 0.0EV 72mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

苺が目いっぱい

080517strawberry 市街地から5kmの九石ドーム周辺で苺狩りができる農園があるのは意外だった。ハウスは山中に突然現れ甘い香りを漂わせた。苺が目いっぱい盛られた320円のソフトクリームを勧められた。初老の男性は看板の『大分で一番美味しい』の根拠はイタリア製ソフトクリームサーバーだと説明した。クリームの滑らかさ、苺の酸味、鳥の声が響く風景をゆっくり楽しむ。(ドームいちご園

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSkyISO100 1/1000sec F6.5 0.0EV 61mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

答えは「家の庭」

080514cherry 「おばちゃんバイキング」では様々な手作り料理の中に鰤一匹を使ったあら煮と刺身があった。あら煮の頭が皆が遠慮したのか残っていたので有難く頂く。デザートに配られたサクランボは小粒だが見事に真紅だった。「どこで採れたのですか?」と聞いた。答えは「家の庭」!(マリンカルチャーセンター)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloud ISO100 1/100sec F3.7 0.0EV 55mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

トムとジェリー

080511tom_and_jerry 小学生の頃にTVに釘付けになって見ていたアニメが郊外にある民家の壁にひっそりと描かれていた。通りに向けたキャラクターの出来は原作を模倣した職人の腕次第である。どこか違和感があり、なぜか和ませてくれる。(松岡)

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloud ISO100 1/500sec F5.6 0.0EV 57mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

リバーシブル・レーン

080511reversible_lane_2 センター・ラインを示す「中央線」の表示が移動すると車の進行方向が逆転するという非日常がここでは日常的に毎朝の混雑とともに整然と始まる。そして混雑が収まると整然と元に戻る。しかし道中央に消えたレーンの残骸が交差したラインとなって残る。(羽屋

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSkyISO100 1/160sec F8.0 0.0EV 196mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

三連砲塔

080511gun 大野川に注ぐ支流の堤防近くに樋管があった。堤防の外側から見上げるとそれは旧海軍大型戦艦の三連砲塔を連想させた。三本の管がまっすぐに堤防を越えて伸びて行く。(下判田

Panasonic DMC-FZ10 WB:Cloud ISO50 1/125sec F4.0 0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

風はさらさら

080511after_a_rain 昨日からの数ミリの雨で気温は摂氏12度前後と肌寒かった。しかし前線を伴う低気圧が九州南部から太平洋へ抜け雲が西から切れ始めた。昼過ぎには青空が広がり始め陽が射し始めると上着は邪魔になる。湿度50%の風がさらさらとトレーナーと素肌の間を通り抜ける。(岩田町)

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSkyISO100 1/320sec F6.5 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

ベタ凪

080508calm 九州は1012hPaの高気圧に覆われベタ凪となった。山頂から湾内の海面を眺めると湧昇流の帯が姿を現す。海は表現しようのない不思議な模様の深い水色に染まる。(宮野浦

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSky ISO50 1/200sec F4.0 -0.3EV 0.0EV  36mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

露店の焼きそば

080504noodles 熱い鉄板で高温の油と豚肉の水分とが弾け合い飛沫が弾けた。野菜を入れると一瞬静まった。麺を入れ粘度の高いソースをかけると、香ばしさが漂い始める。露店の焼きそばは、その手早さと音と香りで客の視覚、聴覚、嗅覚に訴える。味だけでは客は来ない。(マンボウフェスタ)

Panasonic DMC-FZ10 WB:AUTO ISO50 1/100sec F3.7 0.0EV 319mm AF

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

街のベンチ

080427pavement 城址公園の西に繁華街が北に住宅街が広がっていた。しかし、その間を官公庁や公舎が割り込んで喧騒を遮っていた。住宅街には車止めが設けられ、街の平穏を保つ。穏やかな日の街のベンチにさえなる。ゆっくりと、静かに、二人の会話が続く。

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSky ISO50 1/250sec F4.0 0.3EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

monolith -明日への一枚岩-

080503monolith 2001年宇宙の旅の「モノリス」が、山中から掘り出された様に忽然とそそり立っていた。地表を削られて剥き出しになった土の焦げ茶色と、その上に鬱蒼と茂る春の山林の緑色と、さらにその上に澄み渡る空の青色の背景が、強い春の陽射しで白く映える「モノリス」を際立たせる。(東九州道三軒屋橋下部工)

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSkyISO50 1/500sec F5.2 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

苗が姿を消している

080426lettuce_3  数日前にポットで育てた苗の良いものを選んで庭に30cm間隔に移植した。ところがひとつの苗が姿を消している。新たな苗の移植前に移植ごてで土を探る。すると、丸々としたヨトウムシが出てくる。不思議と草花には目もくれず野菜を狙う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

くっしゃん水母

080429jellyfish 漁船の船長は「くっしゃんくらげ」と呼んでいた。クラゲは体表に車載エアバックの様に刺糸を収納している。刺激で刺糸は反転しながら外へ打ち出され敵や獲物に毒液を注入する。「くっしゃんくらげ」ことアカクラゲは乾燥させても刺糸は空中を舞い、吸い込むとクッシャンとくしゃみが出てしまう。(田ノ浦)

Panasonic DMC-FZ10 WB :BlueSky ISO50 1/80sec F2.8 -0.7EV 268mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

花菱草が咲く

080429flower するすると蕾が伸びてきて気が付くと開いていた。ケシ科特有の大きく橙色の花弁が目立つ。手間のかからない草花が心を和ませてくれる。

Panasonic DMC-FZ10 WB:BlueSky ISO50 1/500sec F4.6 0.0EV 73mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »