« オムレツに酸味のソース | トップページ | 「蹴りたい背中」 -綿矢りさ- 2003年 »

2008年3月17日 (月)

「さかなのうた」 -次は誰が-

卒業記念に作成した動画「さかなのうた」がネット上で配信され数週間前から話題になっていた。梅田望夫氏がいう「チープ革命」の好例であろう。「映像コンテンツの製作・配信能力は..テレビ局だけの特権でなく誰にも開かれた可能性となった(ウェブ進化論11p)」ということである。作者である東京工芸大の女子学生が卒業制作としてアニメ、作詞、作曲、歌唱までひとりでこなしている。初めて作った歌も苦労はなかったとインタビューにさらりと答えている。(しかし動画サイトには「死ぬ思いをしました」とコメント)さらに驚くことは事務関係に就職が内定し、職業としないにも関わらず、実名を(顔も)公表したことである。これにネットに対する姿勢が見える。今後、これに続く彼女以外の才能が次々に出現する予感がする。

|

« オムレツに酸味のソース | トップページ | 「蹴りたい背中」 -綿矢りさ- 2003年 »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/11425542

この記事へのトラックバック一覧です: 「さかなのうた」 -次は誰が-:

« オムレツに酸味のソース | トップページ | 「蹴りたい背中」 -綿矢りさ- 2003年 »