« メレンゲ | トップページ | 発熱はウイルスの増殖抑制 »

2008年1月30日 (水)

「ニュース」としてのハンドボール

微熱に悩まされた3日間の上京から何とか帰宅した。最悪の気分でアクセスログだけ確認すると2年前にアップした記事にアクセスが全国から集中していた。宮崎大輔の存在と彼が大分出身であることをTVで知ったときの記事だった。上京中にTVで全日本メンバーの末松誠の存在も知った。彼も大分国際情報高校の卒業生である..と言っても私にとっては旧大分電波高校というイメージが強い。

ハンドボール観戦は今のところ興味がない。自分にとってはハンドボールはニュースの一部である。「中東の笛」に関する問題で一番のファインプレーを見せたのは国際ハンドボール連盟IHF、そしてIHFにプレッシャーを与えた国際オリンピック委員会IOCと思う。この判断がなければ、実現はなかった。

日本敗退により国内の注目はナショナリズムに引きづられ、世界最終予選に向かっている。しかし、「ニュース」としては、アジア代表となった韓国がオリンピックで活躍できるかが重要である。「ニッポン」の応援でなくアジアの「ハンドボール」の応援なら韓国の結果に注目すべきである。適正な審判によって予選を突破したナショナルチームがそれにふさわしい結果をオリンピックで上げてこそ「中東の笛」に一段落が着く..そう言いながら、私はローカルニュースとしての宮崎と末松が気にはなる。

|

« メレンゲ | トップページ | 発熱はウイルスの増殖抑制 »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/10170015

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニュース」としてのハンドボール:

« メレンゲ | トップページ | 発熱はウイルスの増殖抑制 »