« 「ニュース」としてのハンドボール | トップページ | 「両手いっぱいの言葉」 -寺山修司- 1982年 »

2008年1月31日 (木)

発熱はウイルスの増殖抑制

080130hotel 上京前夜、体温は37.9度だった。薬を飲み早めに寝て予定通り出発し仕事をこなすが、大抵夕方には疲労、腹痛、脱力感で最低の気分になっていた。発熱はウイルスの増殖を抑制するはずである。それを解熱剤で下げること自体不合理である。2泊とも仕事が終わればホテルに直行し、ポカリ片手にベッドにもぐり込むだけだった。熱が下がったのは、あと10時間後には羽田を発つころだった。東京の夜はすべてホテルの窓越しだった。(東京 銀座)

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/4sec F2.8 0.0EV 36mm MF

|

« 「ニュース」としてのハンドボール | トップページ | 「両手いっぱいの言葉」 -寺山修司- 1982年 »

02「呟く」」カテゴリの記事

@県外/海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/10176616

この記事へのトラックバック一覧です: 発熱はウイルスの増殖抑制:

« 「ニュース」としてのハンドボール | トップページ | 「両手いっぱいの言葉」 -寺山修司- 1982年 »