« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

子犬の玩具

071230dogs 30分後には日没だった。4匹の子犬が私に向かって吼えてきた。身をかがめ手を叩くと、子犬たちの警戒心はいとも簡単に消えてしまった。遊んでいると外していた私の手袋を1匹が銜え4匹の「玩具」となってしまった。飛び跳ねて遊ぶ子犬たちの興味が失せるまで私はしばらく手袋を待った。(豊海)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F3.7 -0.3EV 36mm MF

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

百合鴎 -不入虎穴 焉得虎子-

071230seagulls_2 終末処理場が雑食性の鴎たちの餌を川に注いでいた。排水口の段差で「滝」ができる。多くの鴎が滝の下で餌を待つ中、一羽だけ滝の上で悠々と食事をとる。頭上には橋が架かっている。「不入虎穴 焉得虎子」(弁天

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 0.0EV 347mm MF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

colorful

071227scallops  しばしば「色を塗ってるんですか?」と訊かれる。答えはNoである。不必要と思われる程の赤、橙、黄、紫の色である。しかし、個体としてはほぼ単一色で群として見て初めて"colorful"となる。だからまるでペイントでもした様な人の仕業に感じる。だから「色を塗って..」と訊いてくる。(屋形島

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/100sec F3.3 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

年末の出荷

071227ship 通りすがりの私に「おにぎりをどうぞ」と声をかけてきた年かさの女性が楽しそうに見えた。辞退すると熱い缶入りのお茶を私の手の中に多少、無理やりに置いていった。年末の鰤の出荷は多くの人たちがかかわる祭りの様にも感じる。(西野浦)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/200sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

数年後

071224elevated 市街地を東西に走る線路を跨ぐ様に陸橋がある。その橋に建設中の高架橋が迫り、断面を曝してストップしている。数年後にはこの上を走る電車を下から見え上げることとなる。(大道

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F4.0 0.0EV 151mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

捨てることもできない

071223cameras 家族が使うデジカメの選定に付き合った。CASIOの今春モデルを選んだが2.6インチ液晶モニターでも2万円を切る。隣で二流と言わんばかりに「COSIOはねぇ..」というカップルの声が聞こえた。10年以上前に私が初めて購入したデジカメもCASIOだった。厚さは2倍、画素数は1/30でも価格は3倍だった。当然、機能も恐ろしく貧弱だった。しかし、当時の一般ユーザーが5万円以下で購入できるオンリーワンのデジカメだった。今は作動しない。でも、捨てることもできない。

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F5.6 0.0EV 74mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

冬至目前の朝

071218dawn 7時15分頃に線路を跨ぐ橋の上で通勤の車の窓越しに陽を浴びた。日の出は冬至を過ぎてもしばらくはさらに遅くなる。早朝の暗い青空へ朝陽の赤味が広がる。しかし、太陽が徐々に空へ浮かぶと光は明るさを増し、赤味が薄れ明るい白になってしまう。(

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 -1.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

紋鯛

071220fish 二匹の紋鯛が桟橋に放り出された。触れるとつるっとしている。押すとしなやかな弾力を感じる。下顎を引っ張ると口全体が畳んだ提灯の様に驚くほど伸びる。連動して背鰭が立ち見事なRを描く。魅力的な形状をしているが、持ち主の「誰か要いらんか」という声に反応する人はいない。(色利

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

インゴット

071220feed 鰤の餌は中国やロシアと奪い合いとなった。買い負けしている。国内の加工業者も奔走する。冷凍した鯵は値段は一キログラム65円に跳ね上がった。海水とともに凍結された鯵はジャバ・ザ・ハットに囚われたハン・ソロの様に氷のインゴットの中でじっとしている。(浦代浦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

干渉色

071218pearl 真珠品評会では製品にならない珠が多いと審査の土俵には上がれない。真珠の核を二個入れ昨年から育てた越物が最高位を獲得した。100個の貝で商品珠が86個、傷やシミのある裾珠が88個だが白・ドクズと呼ばれる商品にならない珠は、わずか9個だった。カルシウムと蛋白質の積層が作り出す分光が干渉色と呼ばれる虹色を作る。(池船)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F8.0 72mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

醤油なしで刺身18切れ

071215tasting 食味試験に参加した。鰤の味に産地や餌が与える影響を味、臭い、色、脂等の項目で回答した。楽しげだが、個体差まで確認するため、醤油も使わずに大きめの刺身を18切れも食べた。冷たい刺身は口と胃袋を冷やし楽ではない。情けないことに明確な差を見出せない。2切れの比較が私の限界である。

Panasonic DMC-FZ10 100 1/60sec F3.3 0.0EV 72mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

掩体壕

P071215shelter 番匠川は市街地を大きく反時計廻りにカーブし佐伯湾に注ぐ。左岸は砂が堆積し易い。この河口の干潟だったのか「東浜」と「西浜」という地名がある。昭和初期には海軍航空隊の飛行場となった。戦後にパルプ工場となり、当時を物語るのは空襲を避ける2基の掩体壕だけである。(東浜

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/100sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

井戸端会議

071216cats 猫が暖かな陽を浴びながらたむろしていた。立ち止まる私をしばらく窺っていた。やがて飽きて井戸端会議が再開させた。ゆっくり近づいてみた。猫も様子を見ながらも近づいて来る。飲食店も多い街は餌で人馴れしているのか。やがて飽きて、また井戸端会議は再開される。(長浜

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.6 0.0EV 184mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

冬至まであと一週間

071215sunset 冬至まであと一週間となったが日没は既に徐々に遅くなっている。快晴だった一日が終わった。空が高く澄んでほのかに赤く染まる。尾根越しに僅かに見える陽を撮ろうとカメラを構えた。シャッターを二度も押し込めば、たちまち陽は完全に見えなくなる。(長島)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 178mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

烏賊の白、空の青、雲の白

P071215squids 快晴となった。海岸沿いを車で走ると洗濯バサミでロープに吊るされた煽烏賊を見つけた。まるで洗濯したTシャツの様な烏賊の白さが、北西の乾燥した風が吹く高い空の青さと高く広がる巻雲の白さを背景に泳ぐ。(網代

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/250sec F4.0 -0.3EV AF

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

気温は10度を遥かに超え

P071211fog 太平洋の湿気をたっぷり吸った暖気が季節外れの高気圧に押し出され吹き込んできた。気温は夜になっても摂氏10度を遥かに超えた。湿度も90%近い。大気中の水分は僅かでも冷やされるとたちまち飽和してしまう。大野川の冷たさが沿いの国道10号の車を霧で惑わせる。(判田

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/4sec F2.8 -2.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

1954年製高級機

P071209camera クラシックカメラを見に行った。1950年前後は単純な構造で安価な二眼レフが溢れ、零細メーカーの乱立とブームが起こっていた。しかし1954年製のこのカメラは大卒初任給の数倍もする65,000円で販売された中途半端な存在だった。今となってはコレクターが一桁上の金を使っても入手している。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/10sec F2.8 0.0EV 137mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

通りから丸見えの店

P071207noodle 郊外のパチンコ店に周辺には国道沿いに新旧4軒のラーメン店がある。古い店舗の出入り口はガラスの引き戸で、窓ガラスで囲まれた店内は通りから丸見えだった。洒落た女性客は入り辛い。カウンターで新聞を覗き込んでいる男性客のくつろいだ背中が蛍光灯の光に浮かぶ。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/25sec F2.8 -2.0EV 129mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

伊寿墨

071206fish 船曳網にはちりめんやいりこの原料となる片口鰯以外のものも混じる。多くは稚魚だが、時として大型の魚や烏賊などが混じる。いすずみが混じり、開きにして売っていた。普段は磯臭いと好まれない魚も冬場のせいか結構旨い。(米水津)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F3.3 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

退役後の役目

071125wharf 神戸行きフェリーの乗り場は移転していた。大きな防舷施設の金属部分は茶色に錆び付きカキ殻も付着していた。退役した埠頭は休日に子供たちと老人たちの釣り場となる。(生石

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F2.8 -0.7EV 230mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

落し物

071204flowers リアス式海岸の急斜面は陸上から海面下まで達する。道路はその陸と海の曲がりくねった境界をなぞる様に続く。時化で波が打ち込む為か海岸側には植物がほとんど生えていない。ところが落し物の様に排水口のグレーチングから黄色の花が顔を出していた。(米水津)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/250sec F4.0 0.0EV 396mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

チェリスト

071202cellist 倉庫を改造した店舗の軒下には、かつての屋号がうっすらと残っていた。くすんだ壁面には微かに「禁煙」の文字も見えた。入り口付近は淡いベージュ色の壁に改造され、吊るされた小さなバイオリニストやチェリストが暖かな日光を浴びている。(生石)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/500sec F5.6 0.0EV 354mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

蜻蛉

071201dragonfly 12月になった。山間部の気温が氷点下となり霜が降りた日、太平洋を見下ろす展望台に出かけた。ベンチで何かが動いていた。眼を疑ったが、やはりトンボだった。北西風に吹かれながらベンチに噛り付いている。(高平山

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/500sec F5.2 0.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »