« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

ぶりカツバーガー

070226buri 県南名物のぶりカツバーガーは、ソースを塗ったバンズにレタス、玉葱、トマト、揚げたてのブリカツの順に乗せて作られる。最後にもう一度ソースを絞り、焼いたバンズで挟んで出来上がる。数個のぶりカツバーガーは手際よく数分で作られる様は小気味良い。そして旨い。(蒲江浦)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F5.6 0.0EV 86mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の太平洋

070226island 県境の海は太平洋と呼ぶべきかも知れない。冬の波音がこだまして外洋独特の連続した低音が響き渡っていた。その音で私はとてつもなく遠くに来たような錯覚に落ちた。沖合数キロメートルには深島が見えた。ふと島民が「時化るとフェリーがすぐ、そしていつまでも欠航になる。」と嘆いていたことを思い出す。(深島

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

ハンバーガーソース

070226sauce_1 試作に提供されたハンバーガーソースを味見させてもらった。バンズにハーブ、トマト、和風おろしの三種を垂らしてみた。ソースは絶妙の粘り気を持っていた。垂らしたソースは緑、赤、茶の色合いが美しく、形は飾り物のようにも見えた。ソースにもものづくりの数々の技術があるのだろう。(蒲江浦)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

「ごまだし」という名称

070226gomadashi 初めて「ごまだし」という名称を聞いて、「だし」の部分が魚で作られていることを連想することは難しい。「だし」は地元のエソが原料となる。さらに今回は「ごま」も地元のものを使ってごまだしうどんを鶴見の女性たちが作った。食べ物の旨さは、味(だし)はもちろん、香り(ごま)が重要である。蒲鉾二切れと葱しか入れないシンプルさが好きだ。茹でたうどんを丼に入れ、湯を注ぎ、ごまだしと薬味をのせるだけ。お湯を入れるのが流儀で、だし汁を注いではならない。

詳細(私のお仕事ブログ)はこちら・・

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F3.3 0.0EV 72mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

あぶり鰤寿司

070225sushi イベントであぶり鰤寿司を買った。ネタの鰤はバーナーであぶったのか。表面だけ白く火が通った感じで焦げ目は旨そうにみえる。餅米の寿司飯は粘り気があり、食感はどっしりしていた。口に入れると青いシソの香りが広がった。(蒲江浦

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F6.5 0.0EV 63mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

快晴は気分を高揚

070224sky 低気圧が太平洋に東進し、雲は次第に薄くなった。そして晴れ間が広まった。気温は朝が摂氏8度だったが、意外と上がらない。結局、10度までだった。しかし「撮る」ことに興味が湧くと快晴は気分を高揚させる。例え被写体がなくてもファインダーを覗きたくなる。そして変哲もないものを撮ってしまう。(稙田

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/800sec F5.2 -0.7EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

鴎が群れを

070221gull 陽射しが日に日に強くなっていると感じた。昼間の温度は摂氏16度を超えていた。青い空の下、鴎が群れをなして甲高い鳴き声を発しながら、真っ青な空を飛び交う。(葛港

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/1000sec F5.2 -0.3EV 221mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

メインストリート

070220house いつも車で通り過ぎる通りを歩くと不思議と目を引くものがあったりする。木造の家がメインストリートの十字路にあった。大きな店舗の様にも見えた。昔はこの店の前を人が行き交い、店内には客がたむろしていたのか。今では人気もなく塗装したペイントにひびが入りかなり剥げている。(蒲江浦)5048

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

断崖の真上の「空の公園」

070220park 東シナ海上空では高気圧がほとんど停滞していた。冬としては穏やかな、そして暖かい晴天が続いた。リアス式海岸の断崖の真上にある「空の公園」から豊後水道の青い海面にぽつんぽつんと島々が散らばっていた。(米水津)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

気泡が水面に上がっていた

070220diver 穏やかな日が続いた。海岸沿いの道路を車で走っていた。防波堤越しに岸近くに漁船が錨泊していた。車を止め防波堤に近づき、さらに岸寄りを覗き込むとクロメの林の中から気泡が水面に上がっていた。スクーバで潜水して鮑でも獲っているのか。(米水津

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F2.8 0.0EV 104mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

まるで水族館

070218market 何でも活かして市場の競りに出荷しようとしていた。活魚水槽には籠かき鯛、甲烏賊、武鯛、皮はぎ、鯛、眼張・・がコンテナ籠に入れられ、まるで水族館だった。そうこうする間に買受け人が競り人を取り囲んだ一団が徐々に近づいた。これを誰が買うのか。(蒲江浦

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/80sec F2.8 -0.7EV 62mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

「字がうまくなる『字配り』のすすめ」 -猪塚恵美子-

字がうまくなる 「字配り」のすすめ Book 字がうまくなる 「字配り」のすすめ

著者:猪塚 恵美子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 元々悪筆である。PCのキーボード打ち始めて約20年が経過した。既に書くより打つ方が早く楽になった。さらに漢字を忘れ危機感を感じている。下手な字を何とか読める程度にしないとまずい・・と思っていたとき書店に平積みでこの本があった・・買ってしまった。

以下コメントに続く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

四半世紀が経過したことを実感

070213mp3player 就職した1981年は二代目ウォークマンが発売された年だった。単三電池2本で稼動し標準価格は32,000円とかなり高価だった。しかし爆発的に売れて私も手に入れた。貸レコード店の拡大ともシンクロしていた。部屋には大量のカセットテープが溢れていた。

先日、子供がMP3プレーヤーを買った。パソコン専門店のプライベートブランドで単四電池1本で作動し価格はたった3,980円だった。さすがにちゃちな外観であるが、マッチ箱程度の大きさにCD20枚分程度が収録できた。四半世紀が経過したことを実感しながら、自分もつい買ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

かくれんぼ饅頭

070211manjyu その手作り小屋のような直販所では野菜、菓子、惣菜などを売っていた。私には一個百円の「かくれんぼ饅頭」が旨そうに見えた。薄皮から透けて饅頭の中の餡と薄く切ったサツマイモが折り重なって見えた。ふと店内に張りつけた地方紙の記事のカラーコピーに気づいた。覗き込んでいると、女性が色々教えてくれた。写真に写っているひとりの女性を指差し「この人が社長」と聞きもしないのに親切に教えてくれた。但し、こちらも期待していたが・・。(吉野

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 72mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

飛行機が白チョーク

070213sky 昨日は太平洋上に高気圧が張り出す気圧配置となった。夜半になっても気温が10度を下らない。空は晴れ渡り、視程が広がり、飛行機が白チョークとなって青い黒板に引っかき傷の様な白線を引いて行く。(片島

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/1000sec F5.6 -0.3EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

梅の開花

070211plum 梅の開花を見かけるようになった。豊後水道に面した海岸の斜面では、春の様な陽気の中、海の青とのコントラストで一層引き立って見えた。しかし、暖冬とは言いながら二月である。このまま暖かくなるはずもない。(深良津)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/80sec F4.0 0.3EV 153mm MF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

チューリップは低温に遭遇して成長

070212tulip 昨年十二月初旬に植えたチューリップの球根の芽が地上に顔を出した。一昨年に植えたときは翌年の二月だったから二週間近く早かった。暖冬の影響か、品種の違いか・・。一昨年の十二月は例年になく低温だった。それに比べ今年の冬は暖かく毎月の平均気温は前年と比べ1度ほど高かった。特にチューリップは低温に遭遇して成長が始まる。少し心配である。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 0.0EV 75mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

空と海の青

070211youra 人口100人足らずの集落に行った。しばらくぶりにあった人に漁模様の話を聞いた。往復のリアス式海岸線の道路は三次元的にカーブを繰り返した。大陸からゆっくり移動した高気圧が岬を被っていた。冬特有の乾いた空の青と所々白く波立つ海の青の中に離島が霞んでいた。心が青で洗われる。(深良津

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

「腕白小僧がいた」 -土門拳- 2002年

土門拳 腕白小僧がいた Book 土門拳 腕白小僧がいた

著者:土門 拳
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この写真集を買った理由は寺島実郎氏が著書『われら戦後世代の「坂の上の雲」』に小学校時代の筑豊での経験を書いていたことが頭に残っていたためである。私が生まれて間もない頃、隣県にいた小学生の寺島氏は「私の社会的思考は、子供心にも納得がいかない事象を目撃することから始まった。」という体験をしていた。小学生が教室で弁当を無心に食べる写真(177p)がある。ほとんどの生徒の視線は弁当箱に釘付けである。

 しかし、良く見ると女子3人と男子1人は、なぜか絵本を一心に読んでいる。当時、筑豊には弁当を持ってこれない子がいたことは寺島氏も記述している。土門拳は「弁当を持っているこどもたちが何かのひょうしでどっと笑っても、何も関係がないかのように絶対にそちらを振り向かない(176~177p)」とコメントしている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

特別席の聴衆

070204audience 書店駐車場でCDの宣伝を兼ねたミニライブが開かれようとしていた。遠巻きに大人たちが人垣を作った。その子は人垣の前にいくつかあった誰も座っていない子供用の椅子に座った。人目を気にせず特別席の聴衆となった。キーボードを演奏しながら歌う女性歌手を一心に見つめていた。(王子

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/60sec F2.8 0.0EV 178mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

気温は摂氏17度

070206sunny 一昨日から西日本に高気圧が居座り続けた。等圧線の間隔は2月上旬としては呆れるほど間延びした。春の様な風はせいぜい毎秒1~2mだった。気温は摂氏17度まで達した。地平線近くの空は霞んでいた。コートを着ずに歩く人を見た。街がほんの僅か華やいだ。(大手町

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F4.0 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

バンドウイルカ

070204dolphin 周りの人たちが海を眺めていた。どうも何かを眼で追っていた。その先にはバンドウイルカがいることに気づいた。眼を凝らすと数頭が群れを作っていた。時折背びれを見せて、おそらく魚でも追いながら食べているんだろう。海面に姿を見せるたびに歓声が上がった。(別府湾

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F3.3 0.0EV 432mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

「われら戦後世代の『坂の上の雲』」 -寺島実郎- 2006年

われら戦後世代の「坂の上の雲」―ある団塊人の思考の軌跡 Book われら戦後世代の「坂の上の雲」―ある団塊人の思考の軌跡

著者:寺島 実郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TVでよく見かける著者は私より11歳上だから団塊の世代である。早稲田大学大学院で政治学を学んでいる。実は講演を聞く機会を得た。その前にこの本を購入して読んでしまおうとした。「たかが196p」と2日前から時間を見つけて読んだが、理系の私には時間がかかった。いや、理系だからではない。私だからだ。歴史や熟語に辞書が手放せなかった。第1章はかつての大学闘争を正面から説明している。これも手ごわかった。

続きを読む "「われら戦後世代の『坂の上の雲』」 -寺島実郎- 2006年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

Bell427

070204press 頭上の爆音で辺りを見回した。Bell427がホバリングしていた。明らかにマラソンを空中撮影していた。程なく遊覧船が全速で海岸沿いのコースと平行に走り抜けた。晴れた蒼い空と波立つ紺の海を背景に三次元と二次元で移動する物体は止まりまた動き、そして離れ、また接近した。(白木

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/800sec F5.2 0.0EV 0.0EV 139mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

最後の走者

070204marathon 往路ではほとんどの走者が無表情に走り抜けた。しかし復路は個人差が出た。トップから一時間近く離された走者達は口が開き、眉間にしわを寄せていた。歩き出す者や立ち止まり筋肉をマッサージする者もいた。走者の名前を知ぬ観客は白バイに追われる最後尾の二人のナンバーカードを叫んで応援した。しかし、前の走者は遥か先を走っている。(王子

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/250sec F4.0 0.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

風が北西に変わる

070202chimney 穏やかに吹いていた南西の風が北西に変わった。そして雲が流れ気温が下がった。おそらく大陸の低気圧がオホーツク海に抜けて太平洋上の暖かい空気の替わりに大陸の冷たい空気が流れ込んだのであろう。(佐伯)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/1300sec F5.6 -0.3EV 127mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

空は沈んだピンク色

070201sun 気温は摂氏3度でほぼ風はなかった。もやが街と朝陽を被っていた。入射角の浅い日光から青色が吸収され、替わりに長波長の赤色は拡散した。言葉では言い表せない沈んだピンク色となった空に、もやのフィルターにかかった朝陽が浮かんだ。そして数分後にはいつもの太陽といつもの空の色に戻ってしまった。(佐伯)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 -1.3EV 432mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »