« 縞模様が見える南蛮漬け | トップページ | 潤目鰯 »

2007年1月29日 (月)

牡蠣の家

070127yakigaki 岸壁のすぐそばに漁師が共同で営む「牡蠣の家」があった。プレハブの室内は見事に煤けていた。素人っぽい奥さんが皿、割り箸、殻を開けるナイフを抱えてきた。塩ビ製のざるに入った1kgの牡蠣を持ってくるとコンロに薪を入れ火を起こした。私は千円を支払い早速焼き始めた。そして程なく焼き上がり、殻をこじ開けた。大きな牡蠣に大きな身が入っているとは限らない。客が増えると煙の量も増えた。最後の牡蠣は涙を溜めながらを頬張った。(守江)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec F3.3 0.0EV 36mm AF flashzoom35mm

|

« 縞模様が見える南蛮漬け | トップページ | 潤目鰯 »

05「喰う」」カテゴリの記事

@杵築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/5107086

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣の家:

« 縞模様が見える南蛮漬け | トップページ | 潤目鰯 »