« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

061231sashimi スーパーには二軒の鮮魚店がテナントとして入っていた。大晦日でごった返していた。鰤を買おうと腹身を見つけたが愛媛産だった。大分の鰤が食べたいと、もう一軒を覗くと蒲江の鰤があった。早速、買い込み帰宅して刺身にして皿に並べた。「東京の奴らが『マグロ!マグロ!』と馬鹿騒ぎする理由が分からん」と講釈を家族に垂れながら食卓に並べた。霜降りのような刺身は見るからに旨そうで瞬く間に家族の胃袋へ消えた。それを見て満足する自分が可笑しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の日没

061231crow 「烏は山に可愛い七つの子があるからよ.」とは童謡を思い出した。今年最後の日没を背景にして烏が群れで山へ向かっていた。何百羽もの烏が空を一面被った。烏には大晦日も元旦も関係なく黙々と自らの営みを繰り返している。(光吉

Panasonic MC-FZ10 SO50 /80sec 2.8 0.3EV 6mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁当箱を開けると

今年も178回の妻の苦労に感謝しながら、年末を迎えた。

」風邪と思った咳は気管支喘息だった。

061227lunch1

」周防灘から豊後水道へ異動した。

061227lunch2

」腱鞘炎は投薬や注射では治らず、痛みに耐えかねて手術した。

061227lunch3

」土日はイベントに出かけた。

061227lunch4

そしてまた「慌しさに翻弄された。

061227lunch5

でも、いつも、妻の弁当箱の蓋を開けるとほんの少し自分を取り戻した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

ボジョレー・ヌーヴォー

061230wine 何とか年賀状を書き終わり、今年の仕事の切りがついたような気がした。格安で仕入れた季節外れのボジョレーを妻と飲んでみた。新酒であることが命だから年内に飲まなければ意味は薄れる。赤ワインは滅多に飲まないが葡萄の香りは爽やかだった。2006年に「オー ルヴォワール」か

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/80sec F2.8 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

私を子供にした雪

061229snow 思わず「雪だ」と言ってしまった自分に気づいた。妙に子供の様に感じた。頭上に雲はなかった。最初はゴミが舞っていると思っていた。強い西風が雪を運んできた様だ。驚きが私を子供にした。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/640sec F4.0 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

気温は摂氏10度を超えていた

061225fog 九州南部を低気圧が通過し、12月の午後8時だが気温は摂氏10度を超えていた。湿度が高く、霧が発生した。国道で自動車の速度を落とさざるを得なかった。一週間もすれば正月となるとは思えない。(判田)

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/4sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

すじ雲が広がった

061224clouds 大陸から1030hPaの高気圧が日本上空に張り出し、一日快晴となった。最低気温も摂氏5度と12月としては暖かい。日が傾く頃にはすじ雲が広がった。空高くすでに沈んだ夕陽に照らされた。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/200sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウントダウン

061224xmas 非日常だった。師走、冬休みそしてクリスマスが人の動きを変えていた。郊外の大型商業施設への駐車には相当の時間がかかった。あちらにもこちらにも何かを求める列ができた。道路は人と車で混んでいた。渋滞は年中あるがいつもと違うのは、皆、頭のどこかで少しずつカウントダウンを始めていることだろう。(中央町

Panasonic MC-FZ10 SO50 /320sec 4.0 0.3EV 57mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

湯気が立ち上っていた

061219sea 佐伯の最低気温が摂氏3度まで下がった。気温の日較差は10度近い。しかし、日田盆地では2度まで下がっていた。黒潮が水深100m近い豊後水道に流れ込めば湯たんぽに変わる。山脈と見間違うような地を這う雲を背景に佐伯港には湯気が立ち上っていた。(葛港)2614

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/1300sec F5.6 -0.7EV 268mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作りの鯵の干物

061218fish 頂いた手作りの鯵の干物を焼いてみた。少し焦がしたが、こんがりきつね色に焼けた。脂がのっていて焼くと腹と背の間ににじみ出た。早速、頭を掴んでかぶりついた。カリカリに焼けた皮に包まれた身には適度の塩加減が効いていた。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/40sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

鍋はなくても、ごま出しうどん

061217gomadashi1 スーパーで冷凍のストッカーを覗くと讃岐うどんのパッケージに「電子レンジでもOK」の文字が見えた。裏面を見ると丼に入れてラップして4分加熱すれば 茹でた状態になるらしい。ふと「ごま出しうどん」が頭に浮かんだ。鍋はなくても、電子レンジ、ラップ、丼、ごま出しがあれば、 ごま出しうどんを食べることが出来ると気がついた。やってみれば、麺が大きく丼に入らないトラブルはあったが概ね良好だった。でも薬味ぐらいは欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

樹の枝の陰

061217nobady 仕事が山場を向かえ日曜日に出勤した。土曜日と違い、日曜日、それも午後になると人は少ない。窓越しに駐車場に目をやると車は一台も見えなかった。落葉した樹の枝の陰が十二月の低い陽の光によってアスファルトに伸びていた。(長島町)2580

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/200sec F4.0 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼のジョギング

061217sky 気圧配置は典型的な冬型となった。時々陽は射すが気温はせいぜい摂氏10度が限界だった。昼のジョギングは充分なウォームアップで体を温めてブレーカーを脱いだ。3km程走ったが、1km過ぎまでは寒さが気になった。(長島町)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

おいしさ

061216birthday 味覚はおいしさの一部に過ぎない。視覚、聴覚、嗅覚、触覚・・五官を通じておいしさが決まる。そして物語か・・誕生日の丹精込めた料理という物語がさらにおいしさを後押しする。2525

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/50sec F2.8 0.0EV 72mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

「座っていい?」

○忘年会に出席するため妻に自宅に近い駅まで送ってもらった。程なく電車が着いたが、やや混んで空席はほとんどなかった。ところが男子高校生二人が差し向かいの座席にバッグを置き、四人分を占領していた。

○わざとひとりの学生に「座っていい?」と私は言いバッグを指差した。「あっ」と言うと学生はバッグを取り上げた。私は学生の横に座った。だが、もうひとりの学生は居眠りしては時々目を開けた。その学生に視線を投げたが反応はなかった。そばに中年男性が立っていた。私は男性も「座ればいいのに」と思った。もちろん楽をするためではない。

○まだ足りない。まだ手ぬるい。どうすれば分からせられるか。次は「混雑したらバッグはのけろ」とでも言うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

渋滞も楽しい

061214rain 歳を取るほど無理が利かない。受験生並みの睡眠時間でも平気だった頃を思い出した。本店に呼び出された時は文句を言われても自宅には早く帰れる。最近、夕飯が遅く寝起きが悪かった。午後7時の帰宅は気分を楽にしてくれた。雨に濡れるフロントガラス越しににじむテールランプを見ながら交差点を抜けるのに信号が何度も変わったが渋滞も楽しい。(金池町

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/5sec F2.8 0.0EV 93mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ブダイ

061211fish 魚市場の活魚水槽を覗き込むと全長60cm程度の魚が泳いでいた。「いがめ」だった。私には市場にあることが意外だった。寒いのか水槽の片隅で群れている。「寒いときは旨い。」と言った漁師の言葉を思い出す。(蒲江浦

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/80sec F2.8 0.0EV 59mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

鮑の口開け

061211abalone 鮑の禁漁期間が終わった。皆の期待が「口開け」初日に集まった。船で港に次々と帰ってきた海士はナイロン製のネットに入った蝦夷鮑、雌貝鮑、流子そして栄螺を次々に岸壁に上げた。早速、買受人の物色が始まる。(西野浦)2453

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/160sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

大分の大たこ焼き

061210takoyaki スーパーで冷凍食品のストッカーを覗くと「大分の大たこ焼き」と印刷された袋を見つけた。「姫島近海の真だこ」「日出町のあさどれたまご」「豊後高田産の白太ねぎ」とも印刷されていた。冷凍食品で地産地消という不思議さが気になり購入した。裏面の説明通り電子レンジで加熱した。かつぶしを粉にしてかけ、添付のソースをかけ、マヨネーズをかけた。家族は「おいしい」と言ったが、私は柔らかさが気になった。別の食べ物と思えば確かに旨いか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街路樹の銀杏

061210tree 冬至まで2週間を切った。寒さが銀杏の葉緑素を分解し、葉は黄色となった。街路樹の銀杏は既に大半の葉を散らせ、歩道に敷き詰めていた。黄色のカーペットに見とれていた私の横をMTBを押しながら小学生が通り抜けた。(荷揚町

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の音

061210wind 低気圧が太平洋に抜け気圧配置は西高東低となった。気温は下がったが、定型的な冬の青空が広がった。自転車に乗って出かけると街の喧騒から離れることができた。時折、通過する車の音以外には風が笹の葉や枝がすれるざわざわという音しかしなかった。随分遠くの音まで聞こえる。(片島)2434

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/100sec F8.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

潮流

061209strait 曇っていたが、風はなく気温は摂氏15度を超えた。満潮後一時間が経過していた。漁船は徐々に豊後水道へ向かう潮流によって船首を西に向けた。海峡の真ん中にある灯台も同様に冬特有の重い色の潮流を切り始めた。(元の間)2412

Panasonic DMC-FZ10 ISO75 1/80sec F2.8 -0.3EV 175mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

トラックバックポリシー

Spamではないが、記事と関係があるとは思えないトラックバックが送られることがある。Spamなら即座で削除だが、どうしようかと迷った。大量に送っていると判断できるトラックバックはやはり、削除することにした。ここかにトラックバックポリシーとやらを書こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

川鵜

061206cormorant 川沿いを歩くと「つがい」らしい川鵜が川面を泳いでいた。鯔を狙って潜り、なかなか上がって来なかった。しばらくして随分と離れた水面に姿を現した。接近すると警戒して翼を水面に叩きつけながら飛んでいってしまった。朝晩は冷え込んで気温は摂氏7度を切ったが、日本海に高気圧が張り出し日中は14度を超え、風はほとんど吹かなかった。本当に穏やかな日だった。(長島町

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/1000sec F2.8 0.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

干渉色

061204pearl アコヤガイを剥くと挿入した核は綺麗な真珠質で覆われていた。その色は干渉色という言葉では説明できない独特のものであった。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/100sec F3.7 0.0EV 45mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

チューリップだけは植えたい

061203tulips 10月から11月にかけて多忙を理由に庭を放置していた。苗づくりも全く手付かずで12月になり、完全に蒔きどきを逸してしまった。それでもチューリップだけは植えたいと思い何とか球根を植えた。去年はもっと早かった気がして、ブログを確認すると昨年は11月27日だった。大して変わらずホッとした。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/50sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生の頃、猫を飼った

061203cat 運転中、猫を見かけた。車を止めて近づこうとした途端、消えてしまった。鋭い視線で警戒していた。小学生の頃、何匹の猫を飼っただろう。良く野良猫に餌を与え、そのまま飼ってしまった。大人が川に捨てようとしている子猫を貰い家に持ち帰ったこともあった。何匹かは最期を家で迎えた。死に場を求めて軒下に逃げた猫は潜り込んで連れ戻した。遅くまで看病し疲れて眠ってしまった。朝、目を覚ますと棒のように硬くなっていた。そして泣いた。それでも猫をまた飼っていた。(大分)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F3.7 0.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

山茶花

061203sazanka 童謡「たきび」は「冬」、そして演歌「さざんかの宿」は「北国」の印象があった。強引な誤解からサザンカは北国の花だと思い込んでいた。実際は四国、九州そして沖縄に自生するツバキ科の花だった。花が少ない師走の寒々した道路沿いに赤い花が目を引く。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/100sec F3.7 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

街にクリスマスソング

061201xmas 昔、子供達に「クリスマスとは何か」と聞いた。返事はなかった。サンタクロースの日かケーキの日ぐらいに思っていただろう。せいぜい店舗の飾りつけ程度だけだったムードづくりは、12月を境に街にクリスマスソングを響かせ始めた。商業施設の一角に立ち止まる人や座る人がいた。(公園通り西)

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/10sec F2.8 -2.0EV 88mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日まで1ヶ月

061201fantasy 12月になった。毎年、繰り返される電飾の点灯初日だった。TVカメラがあちこちに据えられていた。大晦日まで1ヶ月ある。点灯した頃の気温は12度以上だったが、明け方には6度まで下がった。山間部では0度近くまで下がる。(大手町

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/13sec F2.8 -2.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »