« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

やまくに

061130yamakuni 建造後30年近くが経過した巡視船に乗った。良く整備された印象を受けたが船には古さが漂った。荒天時に備えて船橋の窓は全て回転窓だった。なんとなく圧迫感を感じる風貌である。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/500sec F5.6 0.0EV 283mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

撮影は簡単には忘れない

061124masaba 徳間書店の雑誌「食楽」を立読みした。特集は「ブランド魚」で関さばが載っていたが、「おや」と思った。その写真に見覚えがあった。確認すると99年3月撮影した写真だった。結局、随分前の担当業務のPCに残っていた画像が出版社に渡っていた。現担当に「良く気づいたなぁ」と言われたが、撮影した写真は簡単には忘れるものではない。

Eastman Kodak Company  DC210 Zoom 1/45sec F4.0  EV0.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和食は水

061123iichiko_1 スローフードのイベントに参加した。東京農大の小泉教授が「和食は水を食べているですよ」と講演した。私は和食党で朝から食パンを焼いて食べるのは抵抗がある。あの乾燥した食感は私も好まない。ご飯のみずみずしさの誘惑には勝てない。しかし、あわただしい中、パンを食べた方が合理的なのかも知れない・・そんなことを思いながら、イベントで頂いたかぼす果汁入りのいいちこを飲んでみる。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/250sec F4.0 0.0EV 95mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

一箇月もすれば冬至

061121sunset 急遽、写真を撮ることになり野外に移動した。時計は午後3時45分だった。もう、太陽は山の尾根にどんどん接近していた。周りの影が長く広がり始めた。撮影を慌しく済ませた。あと一箇月もすれば冬至となる。(間越

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/1300sec F6.5 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

すり身の刺身

061122surimi 「すり身の刺身」というストレートな名前の料理だった。外観を見て「口に入れるとフニャフニャだろう」という予想した。しかし口に入れると弾力があった。塩が効いており香母酢をかければ味は充分だった。作った女性が「鯵と塩だけで作った。売り物でなく、シケて魚がないとき家で食べるもの。」と教えてくれた。(元猿

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/15sec F2.8 0.0EV 79mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

ハイビスカス

061121hibiscus 北向き斜面から峠を越えた。体感温度が上がった。太平洋に面した半島の南向き斜面には温暖な気候であることを示すウバメガシが点在していた。集落には尾根が覆い被さり北西の風を遮る。道端には仏桑華(ぶっそうげ)の花がまだ咲いていた。れし、のし、あわせの「うたし」の里では越冬できる。そして来週末は師走になる。(間越

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/160sec F2.8 0.0EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧に沈む風景を眺めた

061120fog 気温の低下とともに朝霧が発生するようになった。この日もいつものように出勤した。途中で前の車が止まった。一瞬「信号停車」と思った。しかし、10分過ぎても動かない。「事故渋滞」と直感した。まったく動かなかった。20分経過した。30経過した・・時折動くが・・すぐ止まる。結局、一時間程度拘束された。なにもできない。ただ周りの霧に沈む風景を眺めた。(野津

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

サラダ

061118salad 私はホテルの朝食をサラダ中心にする。これに御飯と味噌汁である。旅先では運動量が足りない割りに食べてしまい胃の具合がイマイチとなり易い。おかわりは御飯でなくサラダにする。(東京 銀座

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/60sec 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビル街が頭の方から朝陽に

061118hotel 航空機とセットのビジネスホテルは狭苦しく好きではない。しかし、時に広い部屋を提供するホテルもある。このホテルは部屋やベッドにゆとりがあった。バスはトイレと分離されていた。浴室からスイッチ操作で外の景色を眺めることができた。ソファーがありビル街が頭の方から朝陽に照らされてゆくのを冷蔵庫から取り出した備え付けのミネラルウォーターを飲みながら眺める余裕が生まれた。(東京 銀座

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日没と日の出が早い

061118sunrise 上京すると日没と日の出が早いのに気づいた。故郷に日が昇る30分も前から銀座の朝陽は顔を出した。但し、山の尾根からではなく、ビルディングの壁に沿って昇り始めていた。(東京 銀座

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/800sec F4.0 -2.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

「南蛮鍋仕立て」

061117zarai 県産食材の料理を提供する都内のは、JR有楽町駅から数分歩いたにあった。ビル8階の予約席は見通しの良い窓越しにビルの夜景で囲まれていた。先付、前菜、向付などの4皿、佐伯の平目と姫島の車海老を使った南蛮鍋仕立てのメイン、飯、汁、漬物、甘味の〆を2時間かけて味わった。照明は夜景を意識し控えめで、食材はやや見にくかった。少しずつ皿に盛られた料理を、酒と会話とともに楽しむ雰囲気だった。銀座での貴重な体験だが、それなりのコストはかかった。(東京 銀座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

logは航海日誌

log」という言葉は以前から使っていた。「logをつける」「loggerを使う」・・。blogの意味が「web+log」だと知り、自分のブログを立ち上げるとき「航海」日誌(log)に「公開」と「後悔」などをかけてKouk@iと名づけた。まだ方向も定まらない時期だったがそれなりに考えた。しかし、今どきURLをブラウザに直打ちする人は少ない。サーチエンジンでヒットさせるキーワードがKouk@iでは言葉で伝えにくい。そこで「ずっと大分で・・」という名前に変更した。更新情報が流れるサーチエンジンのgoogleやgooではよくヒットするようになったが、yahooは思い通りにはならない。しばらく様子を見ることにした。名前がありきたりで、また変更する可能性は高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

所詮は無料会員

スパム防止のため、コメントとトラックバックは承認しないと表示されない設定であった。しかし、訪問者がそれを理解できずにコメントを繰り返すことがある。最近はスパムも減ったため、解除してみた。一夜にしてアップした記事に不愉快なスパムトラックバックが付いた。アップしたばかりの記事ばかりである。pingサーバーへ流した更新情報が悪用されているような気もする。これに付き合いながら続けなければ情報交換できない。せめて、狙われ易いトラックバックをだけを承認表示の設定にできないか。しかし、所詮は無料会員である。文句言わずにIPで規制するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴎達は海に入り沖へと

061116seagull リアス式の海岸を廻ると切り立つ山と海の境界線をなぞる様に道路が走り、それに人家が張り付いていた。夕方が近づくと群れで浜辺に降りていた鴎達は海に入り、刻々と変化する空を眺め何処かへ泳ぐゆく。(蒲江浦

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/250sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

藻烏賊

061113squid 車を走らせていると漁港の空き地に藻烏賊が干してあった。肉厚の烏賊は綺麗に捌かれ、串を刺して広げてあった。そこに晩秋の傾きかけた陽射しが当り、白い布きれが干しているようにも見えなくはない。(網代

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/1000sec F5.6 -0.3EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

だいちょう

061112daicyo 試食の魚のすり身天ぷらの原料はえそ、鱧、鯵、かますと様々だった。私は食べたときに旨みが口に広がる鯵が好きだ。黒っぽい天ぷらもあった。「だいちょう」の天ぷらであった。試食用に細かく切られた断面は黒っぽく皮や小骨の断片が見えた。固めの弾力の中に小骨の破片がチクチクした舌触りだった。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/60sec F2.8 0.0EV 76mm AF

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ごま出しの食べ較べ

061112gomadashi ごま出しの食べ較べに参加した。味が家庭と店の数だけあると感じた。原料は「えそ」でなく「いりこ」を好む人も多い。原料は「えそ」は12種、「いりこ」は2種だった。醤油、酒、味醂で調味され、色は赤から灰色っぽいものまで、硬さは団子を作れるものから、スープ状まで様々だった。ごまの量、磨り具合、炒り具合も様々だった。15種の全てをうどんで食べることは出来ない。湯で溶いて味わい気に入った2つをうどんで食べた。(大手町

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月11日 (土)

黒い牛

061111bull 茶色がかった黒い牛は私を凝視した。私の体臭を嗅ぎ分け、警戒している様にも感じた。個体識別の耳標をイヤリングの様に付けた耳をピンとたて私の発する音に向けている気がした。でも、長め睫毛の向こうの眼は円らで優しい。(湯布院)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/50sec F2.8 0.3EV 344mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県から67人

○最近、このブログにアクセスカウンターが設定できることが分かり設置した。さらに同一ホストのアクセスを識別し訪問者数、どこのサイトから来たか、サーチエンジンで来たアクセスはどのような言葉で検索されたか等まで分かることも分かった。使用料なしでこんな機能まで提供していることに驚いた。都道府県別に訪問者数が分かる機能もあった。思わず自分も変なサイトで情報を盗られないように・・と思ってしまった。

○9月から1,891アクセス(自分のアクセスも多い。除外できることが分かり設定)で、訪問者は537人だった。うち381人の地域が分かった。その結果は・・

179人・・大分
67人・・神奈川
37人・・東京
25人・・京都
16人・・奈良
7人・・三重・宮崎・福岡
6人・・大阪
4人・・北海道
3人・・長野・千葉
2人・・青森・鹿児島・福島・山口
1人・・熊本・岡山・岩手・群馬・埼玉・広島・静岡・沖縄・長崎・宮城・高知・岐阜

○1位の大分は地元だから理解できる。3位の東京は人口が多いからか。しかし、分からないのが2位の神奈川である。不思議である。人口が多いからか。それともロボットか。1917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬型である

061111planting 昨夜は雷雨だった。久々の雨は今朝も続いた。雨の中、植樹に参加した。日本海の低気圧が3つに分かれ九州を通過していた。大陸で高気圧が居座り、この低気圧はオホーツク海で発達が予想された。冬型である。植樹が終了した頃には、一瞬雲が切れたが、風が北西に変わり強まった。ようやく冬が来る。(湯布院

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F5.2 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

寝ていた人がいた

061108sleep 都会の街頭ではぶつぶつと何か喋る人にすれ違った。だがもっと多かったのは寝ている人だった。公園で寝ていた人がいた。歩道で寝ていた人がいた。この日は晴天で最高気温は摂氏20度を超え、昼間は暖かった。若干の嫌悪感とともに、気持ち良く寝ている様子に「これもありか」と思う。(福岡 博多)1880

Panasonic DMC-FZ10  ISO50 1/500sec F5.6 -0.3EV 47mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車を待ち構えている

061108bicycle 早朝の街を歩いた。自転車に乗った女性が私のそばで止まった。そしてくるりと反転して地下鉄の入り口に自転車とともに降りていった。しかし、それは私の誤解であった。ビルの谷間でまだ朝日も当たっていない地下駐輪場があちこちで出勤する自転車を待ち構えていただけであった。都会には自転車が溢れている。(福岡 博多)1851

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/200sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

若い守衛

061105illumination 今年、出来たばかりの結婚式場があった。住宅地にあり、やや場違いな印象もあるが、逆に印象に残った。最近、イルミネーションが点灯された。「夜景を撮影したいので入れるか?」と訊くと若い守衛は、年かさの30歳程度と思える守衛にお伺いをたてた。OKが出ると私が撮影を始めた。すると、その若い守衛は携帯電話を取り出し「私も撮ろう」と言い撮影を始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

共鳴?

061104gomadashi 佐伯市出身者にごま出しうどんを懐かしむ人は結構いる。ブログ検索すると、色んな人がごま出しを購入し、うどんで食べる人だけでなく、都会で生の魚を使わずに作ってしまう人もいた。材料に「太刀魚の一夜干し」「ハギロール」を使う強者もいた。私がある試食会で食べたごま出しは「いりこ」だった。

NHKニュースでバイラルマーケティングの特集があった。口コミとしてブログを利用した商品のPRだった。実はそれに似た概念で「ごま出し」のブームが作れないかとも思っていた。同時に別々のところで似たようなアイディアが浮かぶ(共鳴?)ことはよくあることかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月の出は16時16分

061104illumination 秋になり日没が早くなった。月は16時過ぎには昇り始めた。日没直後の17時半にはイルミネーションはもう十分機能している。

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/25sec F8.0 -2.0EV 432mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

躍動する水

061103fountain 郊外の商業施設に噴水があった。子供たちは容易に惹かれた。お決まりのように水遊びが始まる。水に何かを感じている。静かにたたずむ水には安らぎを感じるように躍動する水には胸騒ぎを感じる。(明野

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/100sec F4.0 0.0EV 61mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

配色は難しい

061103color ○私のサイトの配色の基調はでバックグラウンドはであることが多かった。欠点は寒そうな印象となること。そこで、青を他の暖色に置換しようかと思った。でもカラーパレットの規定値の色は文字には何とか使える。しかし、バックグラウンドにはほとんど使えない。鮮やかさや明るさが文字を載せるにはそぐわないのである。見難くなるのである。結局、三原色の16進コードを打ちながら、いい色を探し始めた。一時間やったがあきらめた。気に入った色が見つからない。この作業は徹夜しそうである。

写真を主役にするにはバックグラウンドの色設定のベストはだと思う。いい写真を貼るブログのバックグラウンドには黒を使ったものが多い。しかし、黒は息苦しいのが嫌いだ。散々、いじった色設定も結局、最後はほとんど元にもどってしまった。配色は難しい。しばらくはこのまま行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »