« 柔らかな橙色の光 | トップページ | 信号待ち »

2006年10月18日 (水)

「失敗学のすすめ」 -畑村洋太郎-

失敗学のすすめ Book 失敗学のすすめ

著者:畑村 洋太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

○枝葉末節にこだわる質問が続き、業を煮やした彼は「公務員は何にもしなければ、何も責められない。(・・それを望むのか)」と発言した。私も日頃から感じていることである。人の仕事のアラ探しは容易だが、時として悲しい。

○「失敗を恐れるあまり、何ひとつアクションを起こさない慎重な人もいます。・・失敗を避けることはできますが・・何もできないし、何も得ることはできません」ということである。

○しかし、続きがある。「失敗するをまったく考えず、ひたすら突き進む生き方を好む人もいます。・・強い意志と勇気の持ち主のように見えますが、危険を認識できない無知が背景にあるとすれば、まわりの人々にとってはただ迷惑なだけ」とも言っている。モノは色んな方向から見る必要がある。

|

« 柔らかな橙色の光 | トップページ | 信号待ち »

07「読む」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3885860

この記事へのトラックバック一覧です: 「失敗学のすすめ」 -畑村洋太郎-:

« 柔らかな橙色の光 | トップページ | 信号待ち »