« 半透明の小さなカンバス | トップページ | 夫婦がベンチに座っていた »

2006年10月22日 (日)

3人目の医師は「気管支喘息」と

061022doctors 診断時間が融通の利く開業医に変えた。「前の病院のIgEの結果はどうなってますか?」と医者は私に尋ねた。「何ももらってません」と答えた。さらに「病名は何と言われましたか?」と尋ねられた。私は「前の病院で病名を教えてくれないので尋ねると咳喘息と言いました」と答えた。最初の医師は「風邪」、2人目の医師は「咳喘息」、半年経って3人目の医師は「気管支喘息」と診断した。誰を信じれば良いのか。その後、前の医師の処方した薬が不適切と言う説明を受けた。なぜ、半年も前の医者のミスを私が聞かされるのかと疑問を感じながら、新たに気管支を拡張する吸入剤が処方された。少々落ち込んだ。本物の医師はどこにいるのだろうか?

|

« 半透明の小さなカンバス | トップページ | 夫婦がベンチに座っていた »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3923955

この記事へのトラックバック一覧です: 3人目の医師は「気管支喘息」と:

« 半透明の小さなカンバス | トップページ | 夫婦がベンチに座っていた »