« 茄子 | トップページ | 梅雨の影響か -苦瓜- »

2006年8月 3日 (木)

「にわかファン」の直感 -亀田興毅-

○亀田興毅のWBAライトフライ級王座決定戦を見た。残業後、帰宅が間に合わず職場で見た。周りに気遣い音量は絞り、実況も解説も歓声もほとんど聞き取れなった。見方を変えれば先入観なしに自分の目だけで12Rを見た。そして、中でTV観戦が終わり「あぁ負けた」と感じた。

○最近はほとんどボクシングを見たことがない。亀田の試合も初めてTVライブ観戦した。1Rにダウンを食らったが、中盤、亀田はランダエタをコーナーに詰め、「おぉっ」と思わず声を上げた。しかし、ランダエタは上手く回り込み、逆に連打を浴びせた。終わり近くになると疲れが見え「亀田にもうOKの体力はない」と感じた。そして最後は防戦一方の亀田をランダエタは上体を起こし、ガードをやや下げ、狙い撃ちにした。今から考えれば、亀田の表情は試合前から硬い印象があった。

○終了後、読み上げられた最初のスコアはランダエタの勝ちだった。「やはり負けかぁ」と思った。だが、その後、私の予想は外れ、亀田が2-1の僅差でチャンピオンとなった。その瞬間、亀田本人の表情にも、父親の表情にも、「驚き」があったような気がした。採点は「ラウンドマスト」である。ラウンド毎に優劣をつけ引き分けを許さない。僅差で優勢のラウンドが多い選手には有利である。これが分かりにくさとして残った。

亀田に対しては普通のボクサー以上に「より多くの人」に、「より分かり易いもの」が求められた。その原因の一端は彼の言動にもある。瞬間視聴率50%以上の中に含まれる「にわかボクシングファン」にも分かる位の内容で勝つか、負ける必要があった。しかし今回は、分かりにくかった。

|

« 茄子 | トップページ | 梅雨の影響か -苦瓜- »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400543

この記事へのトラックバック一覧です: 「にわかファン」の直感 -亀田興毅-:

» 亀田興毅バッシング [時流コラム・ニュース2007]
亀田興毅のチャンピオンは納得する人が少ないだろう。 多くの人は、判定に疑問を持つ。それも当然だがボクシングの判定 またはスポーツにおいて不可解のレフリージャッジなど、今に始まった事ではない。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 04:14

« 茄子 | トップページ | 梅雨の影響か -苦瓜- »