« 若布が干してあった | トップページ | 画像と短歌のSynergy »

2006年3月21日 (火)

プロでもWBC決勝では緊張

○World Baseball Classicが日本の優勝で終了した。あのショート川崎がエラーした。緊張している。松坂を救援した渡辺が一塁カバーで送球を落球した。緊張感が伝播し、「早くこの回を終わらせたい」という印象を受けた。やはり、プロでもWBC決勝では緊張する。だからみんなが関心を寄せる。だから面白い。

○8回裏で3番手の藤田が2ランを浴びて一点差になった。後続を断ったが、正直なところ、この点差で9回裏を迎えるのはマズイと感じた。この緊張感が高まる中一点差でCubaと最終回を迎えるのはかなりつらい。しかし、9回表にイチロー、代打福留、小笠原で4点を加えた。この4点が大きかった。これがなかったら勝敗は分からなかった。

Cubaから見れば初回の押し出しを含む4点が最後まで響いた結果となった。やってはいけない4点だった。

|

« 若布が干してあった | トップページ | 画像と短歌のSynergy »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400460

この記事へのトラックバック一覧です: プロでもWBC決勝では緊張:

« 若布が干してあった | トップページ | 画像と短歌のSynergy »