« プロでもWBC決勝では緊張 | トップページ | 満開を過ぎているのだろうか »

2006年3月21日 (火)

画像と短歌のSynergy

○自分は根っからの理系と思っている。全く文芸関係には興味がなかった。しかし、webが発端となり写真に興味を持つようになった。何かを感じたときに撮影する。シャッターを押そうとする動因を考える。その動因を画像の中で際立たせ、その他のノイズを削り落とす方法を実践することが写真撮影と思う。

○その動因を言葉で補う方法のひとつがいわゆるCaptionだと思った。Captionは「短く」「濃く」あることが最高と思う。この表現のツールとして短歌のルールが使えると思った。これから試行錯誤を重ねながら、画像と三十一文字を組み合わせてみたい。画像と短歌のSynergyか。結構、面白そうだが万葉集は全く読めない。

|

« プロでもWBC決勝では緊張 | トップページ | 満開を過ぎているのだろうか »

06「詠む」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400461

この記事へのトラックバック一覧です: 画像と短歌のSynergy:

« プロでもWBC決勝では緊張 | トップページ | 満開を過ぎているのだろうか »