« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

南の桜の開花は早い

060331cherry 朝、四月からの引継ぎに異動先に出かけた。周防灘から豊後水道まで陸路で南下しても100km以上ある。到着前、河畔に桜が見えた。五分咲きと言ったところか。場所によっては満開に近い桜もある。やはり南の桜の開花は早い。異動当日は満開か(女島)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/800sec F4.6 -0.7EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

ブルーに染まる九石ドーム

060330football 日本代表がエクアドルを1-0で「辛くも」下した。いわゆる「決定力不足」と感じた。前半だけで1~2点は獲ってよかった。玉田と久保の2トップは結果が出せなかった。後半終盤で巻と佐藤の2トップにスイッチした途端に決勝点が入る。綺麗なシュートではなかったが結果はやはり大きい。

 3月に入り激しい咳と腱鞘炎に悩まされながらビッグアイ改めブルーに染まる九石ドームに愛妻と出かけた。ところがここへ来て冬型の気圧配置と急に変化し、とにかく寒かった。売店にココアを買いに行ったが早々に売切れていた。(松岡)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭を使わない役人に税金で給与を払う必要はない

○前例やマニュアルがない仕事に対して不安がったり、嫌がったりする人がいる。定型的仕事を好み、勉強や思考を嫌がる。もっと言えば新たな取り組みのリスクを嫌うのである。成功はないが失敗もない。雛形があれば仕事は楽である。「楽」と言う言葉を解説すれば「頭を使わなくて良い」のである。失敗の責任は雛形に押し付ければ良い。

○そう言う人材が公務員になる必要があるのだろうか?また、そんなに定型的で単純な仕事しかしないなら公務員は減らすべきであろう。頭を使わない役人に税金で給与を払う必要はないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

明日は引継ぎ

○今日、引継書ができあがった。数ページになった。おそらくページ数としては多い。図表主体の資料編も作った。短時間で作った割りに良くできた。日常的に復命・・一般的には報告書か・・する癖はつけている。ポイントとなる部分をcopy & pasteすれば良い。

○最初に先ず項目を列挙した。ひとつは担当を明記した「事務分掌」から、もうひとつはハードディスクの「ディレクトリ」からである。ほぼ網羅できる。明日は引継ぎがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

満開を過ぎているのだろうか

060326cherry 桜の開花が宣言され数日経過した。土手の桜は蕾が目立つが探せば数輪は開いている。満開は異動後だろう。暖かい豊後水道を望む桜は開花が進んでいるだろうか。異動したら満開を過ぎているだろうか。(法鏡寺)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/400sec F8.0 0.0EV 141mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

画像と短歌のSynergy

○自分は根っからの理系と思っている。全く文芸関係には興味がなかった。しかし、webが発端となり写真に興味を持つようになった。何かを感じたときに撮影する。シャッターを押そうとする動因を考える。その動因を画像の中で際立たせ、その他のノイズを削り落とす方法を実践することが写真撮影と思う。

○その動因を言葉で補う方法のひとつがいわゆるCaptionだと思った。Captionは「短く」「濃く」あることが最高と思う。この表現のツールとして短歌のルールが使えると思った。これから試行錯誤を重ねながら、画像と三十一文字を組み合わせてみたい。画像と短歌のSynergyか。結構、面白そうだが万葉集は全く読めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロでもWBC決勝では緊張

○World Baseball Classicが日本の優勝で終了した。あのショート川崎がエラーした。緊張している。松坂を救援した渡辺が一塁カバーで送球を落球した。緊張感が伝播し、「早くこの回を終わらせたい」という印象を受けた。やはり、プロでもWBC決勝では緊張する。だからみんなが関心を寄せる。だから面白い。

○8回裏で3番手の藤田が2ランを浴びて一点差になった。後続を断ったが、正直なところ、この点差で9回裏を迎えるのはマズイと感じた。この緊張感が高まる中一点差でCubaと最終回を迎えるのはかなりつらい。しかし、9回表にイチロー、代打福留、小笠原で4点を加えた。この4点が大きかった。これがなかったら勝敗は分からなかった。

Cubaから見れば初回の押し出しを含む4点が最後まで響いた結果となった。やってはいけない4点だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

若布が干してあった

060320undaria 漁港の近くの道路に物干しがあった。靴下が洗濯バサミで吊るされて干してあった。その横には靴下と同じように、若布が吊るされて干してあった。晴天で3月の強い陽が射していたが、干して間もないのかまだ湿り気を感じた。(小祝)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/500sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

チューリップとムスカリ

060319tulipmuscari_ 11月下旬に植えたチューリップとムスカリがそれなりに順調に育つ。昨年よりやや遅いか。開花はいづれも四月か。

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/125sec F4.0 1.0EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三年目の白木蓮

060319magnolia 植えてから二年間は花をつけなかった。木がまだ若く今年も芽が小さく、葉芽だと思った。ところが、ある日蕾から白い花弁が少し見えた。花芽だった。花の数も少なく、あまり大きくないが単純に嬉しい。

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/400sec F8.0 0.0EV 301mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

あまりいい結果は残せなかった

○周防灘から豊後水道への異動が内示された。たった二年間だったが色んな出来事があった。トラブルシュートばかりだったような気がする。限界もあった。あまりいい結果は残せなかった。

○達成感は全くない。二年間を百点満点で採点すれば50点か。最後に自分にとって意味深い蛸壺漁を自分の目で見てから去りたい。あと二週間で高速道路通勤が終わる。もう、路面の凍結を心配することもないが、積雪を眺めることもないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

居待月

060317moon_2 月の出20時32分、月齢17.1の居待月はビル街の地平線から赤い顔を出す。 (西大分)

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/4sec F2.8 -2.0EV 304mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

雪は北西から

060313snow2 冬型の気圧配置で吹付ける海岸線の雪は全ての漁港の構築物の北西側に張り付いてしまう。(長洲)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/400sec F4.0 0.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

風雪は速度を全く落とさないまま上陸した

060313snow_1 一気に気圧配置冬型に変わった。3月も中旬なのに零下の寒気団が九州まで南下した。時化の周防灘の上を猛烈な風雪が走った。それは速度を全く落とさないまま上陸し停車している車体にぶち当たった。車は小刻みに揺れた。(長洲)

Panasonic DMC-FZ10 ISO100 1/400sec F4.0 0.0EV 217mm AF

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早く、ランニングできるようになりたい

○まだ、咳が出る。先々週の金曜日は子供の卒業式がかった。翌日、ランニング後の入浴が遅れ体がえた。その翌朝は町内の掃除だったがえ込んだ。

○この頃から少し、確かには出ていた。しかし、先週になって悪化した。が激しくなり、悪寒がした。病院に行き、微熱があり、薬をもらった。しかし、休めず、しかも上京となった。仕事は最高の出来だが、体調は最低となった。職場に出ても朦朧としていた。仕事にならず何度か早退した。

○ようやく、も徐々に収まりかけている。しかし、出張と早退でかなり仕事が溜まってしまった。体と相談しながらペースを上げよう。早く、ランニングできるようになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫も驚いてじっとしている

060313cat 三月中旬だが雪が降った。それまで穏やかな日が続いただけに少し驚いた。猫も驚いて廃車の下に隠れた。寒さを避けてじっとしている。(長洲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

「赤に黄」のチューリップ

060304tulip 昨年11月下旬に植えたチューリップのうち「桃に白」は2月下旬に芽を出したが、「赤に黄」も芽を出した。色で成長の早さが異なるようだ。芽が黄色っぽい。そばのムスカリも順調に育っている。昨年より植え付けが遅かった(・・と思う)のが良かったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

最後の授業

060303stairs 昨日、最後の授業が行われた。担任は教壇のそばで話し続けた。寒の戻りで気温は下がったが、3月初旬の強くなった陽射しが窓から差し込こんだ。校舎内は明るくなった。廊下には静かに出番を待つブーケが隠すように置いてあった。

Panasonic DMC-FZ10 ISO75 1/60sec F2.8 0.0EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部下に目と耳を向けよう

○時が経てば自分が組織の上に近づき、守備範囲と部下は増え、現場に行く機会が減る。部下と組織を「あご」で動かすしかなくなる。こういう状況に漠然とした不安感がある。

○「部下に信頼される上司」とよく言うが、上司の立場では、自分の考え方に共感し、熱意を持って仕事をしてくれる部下の多寡が組織力に直結する。上司の考えに反論する部下の声も必要であろう。その声で修正ができれば仕事の質は向上し、部下の信頼が深まる。

○泣いてもわめいても現場に出ることが出来なくなる前に部下と対話する必要がある。自分に共感してくれる部下を育てる必要がある。それができなければ現場にいたい。そういう焦燥感を最近感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

卒業式

060303finish 師に学び友と走った喧騒がよぎり静まる卒業式

数百人の生徒がいるにも拘らず体育館は、しんと静まっていた。登壇の度、一斉に起立する音が短くそして力強く響き渡り、また、しんと静まった。成長を感じた。来週には高校入試を受ける。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/4sec F2.8 0.0EV 217mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の節句

060303ume 刈り込まれた豊後梅の中にはかなり開花した株もある。桃の節句を迎えたがここ数日、寒波が戻っている。最高気温は摂氏8.3度と4日連続で10度以下となった。(上野ヶ丘西)

Panasonic DMC-FZ10 ISO50 1/500secF4.6 0.0EV 36mm MF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ふくろう

060301owl   弱った梟が持ち込まれた。段ボールの空き箱の家でじっとしている。可愛いが嘴と爪は鋭く、その力は強い。下手に手を出せば怪我をする。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/10sec F2.8 1.0EV 36mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぐみ

060228tsugumi 虎鶫は悲しげに鳴くらしい。動けなくなったところを発見され収容された。

Panasonic DMC-FZ10 ISO200 1/40sec F2.8 0.0EV 84mm AF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »