« 淡い桃色の花弁 | トップページ | 民主党は脇が甘く頼りない »

2006年2月24日 (金)

佃煮風に煮てみる

「茹でた後、身を出しその茹で汁で洗えば砂は絶対入らん。それを醤油で煮てもいい」と港でつめたがいの食べ方を教えてもらった。醤油、砂糖、酒に生姜を少し入れ佃煮風に煮てみる。肝が栗の様な触感で旨い。(長洲)060223tsumeta2

|

« 淡い桃色の花弁 | トップページ | 民主党は脇が甘く頼りない »

05「喰う」」カテゴリの記事

@宇佐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400439

この記事へのトラックバック一覧です: 佃煮風に煮てみる:

« 淡い桃色の花弁 | トップページ | 民主党は脇が甘く頼りない »