« イルミネーションが点く | トップページ | みずほ証券「引き算が重要」 »

2005年12月 4日 (日)

看過してはいけないこと

◇マンション耐震強度偽装のニュースは問題が重大、かつ単純、かつ身近であることに加え、関係者のキャラクターの特異さや登場人物が次々と出てくることからメディアはその発言を逐一伝える。その中でイーホームズの藤田社長の発言と行動は一線を画しているという印象がある。

◇彼にとって偽装の公表は、自らの過失の公表と一体である。イーホームズは政府でも自治体でもない。ずさんな検査を公表することにより資格停止、受注減そして補償問題を招き、ひいては経営危機を招くことは必至である。しかし、彼は偽装を公表した。過失があったにせよ、この判断は評価する。

◇世の中には看過してはいけないことがある。その判断を誤らせるのは、「大変なことになる」という怖れだろう。ここに人間の弱さがある。彼以外は「自社」が大変なことになると思った。彼も同じだろう。資格、受注、信用を失う点では痛手は大きい。彼は加害者でもあるのだから・・

◇彼は国会に参考人として招致され、議員の野次に立ち尽くしている。彼は何を思うのか。

|

« イルミネーションが点く | トップページ | みずほ証券「引き算が重要」 »

03「働く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400369

この記事へのトラックバック一覧です: 看過してはいけないこと:

« イルミネーションが点く | トップページ | みずほ証券「引き算が重要」 »