« 雪 | トップページ | 「センセイの準備不足」耐震偽装問題 »

2005年12月14日 (水)

「弱い自分」耐震強度偽装事件

◇「弱い自分がいました」とは、他人事には聞こえない。人には常に付きまとう。目の前の人のため、筋を曲げるたくなる気持ちは良くある。耐震強度偽装事件のように明確な被害者が発生することもあれば、そうでない場合もある。

◇これらに対して適正な判断をするにはどうすれば良いか。組織人なら、それを組織(会社)の中で共有することだと思う。共有による恩恵はふたつある。ひとつは組織内で適切な判断ができること。もうひとつは、組織内で共有することで「隠そう」とする弱い自分が薄れること。しかし、組織が腐敗していれば無駄である。つまり組織ぐるみということになるから・・

|

« 雪 | トップページ | 「センセイの準備不足」耐震偽装問題 »

03「働く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400376

この記事へのトラックバック一覧です: 「弱い自分」耐震強度偽装事件:

« 雪 | トップページ | 「センセイの準備不足」耐震偽装問題 »