« 狂い咲き | トップページ | 重石を乗せた頃には陽は沈む »

2005年12月11日 (日)

「個人」の努力

◇籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人・・色んな人の色んな努力によって動き、進化する。これを支える最小単位は個人の努力である。政府や総理が世の中を先導すると思うのは錯覚である。企業、組織、地域、国家、そして世界の革新は大小様々な「個人」の努力の集積で決まる。民主主義、テクノロジー、人権・・すべて個々人の「良くしよう。良いものにしよう。」という飢えが支え、改善してきた。

◇一方で努力しない個人もいる。組織や地域の活動にブレーキをかける個人もいる。自分だけ努力しなくても関係ないと考えるのか。

◇どちらの人生を選ぶか?私はこれからも懸命に草鞋を作っていく。我が子を含む次世代の生きていく世の中を良くする。努力しない個人と対峙する。

|

« 狂い咲き | トップページ | 重石を乗せた頃には陽は沈む »

03「働く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400372

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人」の努力:

« 狂い咲き | トップページ | 重石を乗せた頃には陽は沈む »