« ヤングコーン vol.2 | トップページ | 季節外れの四本のヒマワリ »

2005年9月 3日 (土)

ブラウザ乗っ取られる「Sidefind」その1

◇ブラウザを動かしていると、プログラムのインストールを求めてくることは良くある。その夜も、はっきりは覚えていないがインストールを促すメッセージが表示され、「ま、いいか」とインストールしようとすると、英文の許諾承認が出た。眠たかったし、ろくに読まずにインストールした。でも、それは判断を誤っていた。翌日から・・

  • ブラウザを動かすと勝手にウィンドウが開く・・変?ブロックしてあるのに?
  • 目的のサイトに行かず英文表示に飛んでしまう。・・サーバーの警告?
  • ブラウザの左に「Sidefind」なるフレームが開く・・そんな設定したかな?
  • 頻繁に他のプログラムが「応答なし」になる・・Celeronの1.3Mhzじゃ限界か?

◇でも、これはあまりにもおかしい。大体Sidefindって何だ・・Googleで調べてみる。マイクロトレンドでは「ファイルのアップデート、不正活動などユーザにとって不利益となる活動を含むものと判断」「手動削除手順には、レジストリの編集が含まれます」と書いてあるじゃないか!なにー!

◇では、愛用のMcAfee VirusScanのサイトはなんと言ってるんだ!「承知してインストールしているから合法」とだとぉー。まともな対処法が書いてないじゃないか!あぁ、やっぱウイルスバスターから乗り換えるんじゃなかった。外資系はここらがイマイチ・・後の祭り。

◇結局、対応をGoogleで探しまくり、レジストリをいじるという素人には危険な操作や、AD-AWAREなる日本語化されていない対策ソフトを利用する羽目に陥った・・一日かけて、なんとか、修復できた・・ような気がする。

◇さらに、驚いたのがAD-AWAREで278個の不審物がPCから見つかったこと・・中にはcookieも含まれているが、それにしてもびっくり。今後も健康でPCが過ごせることを祈る。

|

« ヤングコーン vol.2 | トップページ | 季節外れの四本のヒマワリ »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400279

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザ乗っ取られる「Sidefind」その1:

« ヤングコーン vol.2 | トップページ | 季節外れの四本のヒマワリ »