« 六十日白菜 | トップページ | 彼岸の入り »

2005年9月20日 (火)

米国人の行動はよく分からない

◇ハリケーン「カトリーナ」が直撃したニューオリンズからの映像には、水面に浮かぶ死体が映し出された。いつもハリウッド映画で見ている米国とは異次元のような光景である。

◇日本人はタイフーンが接近しても車で逃げ出す人は稀である。せいぜい最寄の公民館に避難する程度である。米国人は車で脱出して渋滞を起こす。でも、それはどちらかと言えば裕福な人達なのであろう。そういえば、ニューオリンズはジャズの街である。黒人のイメージが強いし、貧困のイメージも私は勝手に思っている。

◇米国人の行動はよく分からない。それは自分が日本人で人種の軋轢をほとんど経験していないからだろう。ところが報道によれば、今回の被害が貧困層に集中していることは米国人にとっても驚きがあるらしい。自国民にとっても、この国の多様性は一筋縄ではいかないようだ。

|

« 六十日白菜 | トップページ | 彼岸の入り »

02「呟く」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400295

この記事へのトラックバック一覧です: 米国人の行動はよく分からない:

« 六十日白菜 | トップページ | 彼岸の入り »