« 最初から駄目だと思うな | トップページ | 唐きびの実入り »

2005年9月30日 (金)

本当の美しさ vol.2

050930car ◇いつも車の給油するスタンドは安いが混む。中に入れない車が車道に列を作ることもある。今日、帰宅前にこのスタンドに車を入れ、すでに並んでいた数台の車の後ろに車を止めた。私の車の後にはすぐ五、六台の車が続き車道にまで列が伸びた。程なく前の車が給油し始めた。私は支払いでもたつかないよう車の中で財布の中身を確認した。そして、もう一度、給油中の前の車を見るため顔を上げた。

◇すると、私の車と給油中の車の間に別の車があった。「えっ!どこから・・」と思った。広島ナンバーの車のダッシュボードには色とりどりの小さなぬいぐるみが並んでいた。リアガラス越しに見るドライバーは長い髪の女性だった。

◇どうしてもこの手の話では女性が絡んでしまうのは偶然か。「わざとではない、女性はただ回りに注意が届かないだけだ」と自分に言った。そして誰に見せるわけでもない苦笑いをした。

|

« 最初から駄目だと思うな | トップページ | 唐きびの実入り »

02「呟く」」カテゴリの記事

@大分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154935/3400304

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の美しさ vol.2:

« 最初から駄目だと思うな | トップページ | 唐きびの実入り »